VR技術はすぐ身近なところまで来ていた。VR、AR、MRについてまとめてみた。

2017年5月8日ガジェット

持っている方はいらっしゃるんでしょうか?

VRゴーグル。

最近やたらと聞くようになったVRという言葉。

バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)の略称でVR。

それは仮想現実をそこに作り上げることができる技術で、ARと混同されてしまうこともしばしば。

ARも少し前、「ポケモンGO」の流行により、より身近なものになったような印象です。

ARというのは、オーグメンティッド・リアリティ(Augmented Reality)と言い、拡張現実という意味があります。

僕たちが今見ている空間に「別の情報」を付け足した状態などがARと定義づけされています。

似たような位置付けにMRと呼ばれるものも存在し、ミクスト・リアリティ(Mixed Reality)と呼ばれます。

こちらは複合現実。

ARがデバイスを介して見えていたものに対して、MRは実際に現実に現れるような技術。

ホログラムのようなものですね。

いずれ技術が進歩したら、リアル遊戯王の世界もありえなくなくなります。

そんな技術の先端をいく、これらのテクノロジー。

今現在で一体どこまで進んでいるのか。

今回はそれらをご紹介していこうと思います。

YouTubeでVR体験

一番身近なものがおそらくVRだと思います。

ARはポケモンGOのヒットにより、その可能性を切り開いたような気がしますが、あれ以降どうなってもいないので、今のとこポケモンGOのようなゲームが続いて出るような気がしません。

ソニーが「PlayStation VR」を発売させて、ゲームの新しい可能性を提示しました。

僕も少しですが、プレイしてみましたが、普通に酔いました(笑)

プレイしたゲームが「Farpoint」というFPSのゲームなんですが、景色がグルングルン回るんで、もう酔いがやばい(笑)

体も動きはするんですが、全然酔いました。

意外と激しいゲームは合わないのかな?と思いましたが、そのうち酔わないVR技術も出ると思い、その日を待ち焦がれるとします。

なわけで、あんまり激しいものは合わないのでゆったりVRを体験できるものはないかなと、思っていたところ、なんとYouTubeでVR動画が体験できるではありませんか。

超面白いっす。

スマホで視聴することができるんですが、スマホを動かすことで、映像の視点も動くので深海気分を味わえます。

他にもホラー系の映像もあるんですが、まじ怖いので見たい方だけどうぞ。

こういった映像をご覧になるときはもちろん「VRゴーグル」をつけることをオススメします。

2000円もいかないくらいなので、ほんと遊び程度で買うにはオススメです。

安価なぶん、性能なんか期待できるもんではないですが。

VOX PLUS 3DVR ゴーグル ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き ホワイト posted with カエレバ VOX PLUS Amazon

スマホを装着するだけの簡単なものですが、体感としては「楽しい」です。

こうやっていた方が気分的にいいですしね。

VR映像は見ているだけで楽しくなりますよ。

ARの技術は非常に期待

VRの進歩は娯楽系にも期待できますが、仕事や教育面の話でも利便性はたくさんあります。

会議の効率化、VRでの授業、ライブ。

活用法は色々あります。

ライブや学校などでのVRの利用には賛否両論、むしろ批判が増えそうな感じですが、よく考えて欲しいです。

例えば教育面。

何も全員が全員、VRである必要はないと思います。

不登校の子は、無理に学校に来る必要もなく家で授業を受けれますし、VRならば一方的に授業ができるので、遅れなどもなくなります。

これからの教育制度の見直しなどの関連で、改められる教員という職について、今一度考え直せる機械にもなるような気がします。

同じようなことを勉強するんなら、別にVRで一括でやってしまえと思います。

まぁ、僕がとやかく言える立場じゃないですが、一意見ですね。

ライブなんかは、例えば今あるライブ配信などのVR化ですね。

抽選で外れた人でも、家でライブは見られますよという配慮にはなります。

そうすればもっとライブの需要は上がるし、チケットもたくさん作れます。

別に値段も同じで良いと思う。

ライブ会場に実際に行ってるか、VRの空間越しで見るかにより、感じるものも変わってきますが、見ているものは同じなので、良いんじゃないスカね。

そしてARです。

マイクロソフト ホロレンズ Microsoft HoloLens メガネ Glass ホログラム コンピュータ 3D映像 Holographic Windows 10【開発者向け 】 [並行輸入品] posted with カエレバマイクロソフトAmazon

これはマイクロソフトが出している「ホロレンズ」というガジェットなんですが簡単に言うとパソコンです。

このレンズ越しにパソコンの画面が出て、ファイルに触れればそれを開くことができます。

youtu.be

これぞ、未来の形。

それを一足先に踏み入れてしまったのがマイクロソフト

さすが変態の集団だ。

僕はそんな考えをも人が好きだ。

だいぶ未来にワクワクしてしまう最近のテクノロジーの進化ですが、今やっと大きく動いてきているような気がします。

おそらくあと3年もしたら、何かが当たり前になって行くのでしょう。iPhoneがそうだったように。

ただ僕の一番のオススメはとりあえずYouTubeでVR体験して見ましょう。

あっという間に時間奪われます(笑)

アディオス

2017年5月8日ガジェット