【転職先はこう探せ】自動車整備士を辞めたい人達へ〜転職に向けての指南〜

2017年8月2日自動車, 自動車整備士の転職

f:id:canworks:20170801221645p:plain

僕は中学生の頃から車が大好きで、ずっと夢見ていた自動車整備士の職業に就きました。

しかし職場環境の劣悪さ、上司からのパワハラなど諸々が重なって、僕は整備士を辞めました。

ですが、ほとんどの整備士の方が、辞めたいと思っているにも関わらず、なかなか仕事を辞めるに至っていません。

その理由は様々でしょう。

  • 高い学費を払って就いた職業だから
  • 資格を取ってしまったから
  • この道しか知らないから他に行くことが不安

そんなわけで今回はそんな悩める現役整備士の方に整備士から転職するための指南を語りたいと思います。

本気で辞めようかと考えてる方はぜひ、読んでいってください。

[PR]自動車整備士の人気転職エージェント

整備士JOBAS

給料が低い・・、残業が多いなど、で悩んでおり、自動車整備士として再就職したい方にはおすすめの転職サイトです。。

自由な時間を取りにくい自動車整備士の方のために、応募や面談日程のやり取りなどを代行するサービスや、報酬条件の交渉なども簡単に行ってくれます。

整備士の現状について知っておこう

まずはじめに整備士の現状がどうなっているかご存知ですか?

現場で働いていると、一番重要な部分である今後のことや、整備士の未来について、語られることはありません。

単純に会社側がこれ以上人を減らしたくないというのが、最もな理由ですが、整備士のニュースなど、世間で語られることはかなり少ないです。

事業場の数は増える一方で整備士が不足している

整備士の方で転職を考えている方は多いと思います。

そしてその先の”辞めた”人達もかなりの数いると思います。

現状(2019年1月)でも日本整備振興会のデータによると、整備士は年間で1000人ほどの整備士が辞めていっているそうです。

そのかわり、整備士の数は1100人増となっていて、合算で年間平均100人は増えてはいるようです。

その分、事業場(整備工場)の数はかなり余っているようです。

参考データ(https://www.jaspa.or.jp/Portals/0/resources/jaspahp/member/data/pdf/H30jittaityousa.pdf)

整備以外の仕事に就きたい!

ということで、整備業界は全然、就職難じゃないですよ。

ただ、それでももう整備に嫌気が刺してしまった人もいると思います。

そんな人たちは次にどんな職業に就けばいいのでしょうか?

僕自身、ディーラーを辞めて、町工場で1年働き、結局IT関連の仕事に就いています。

整備士から整備士の転職も、整備士から他業種への転職も経験済みの僕が次に元整備士が就くべき職業についてまとめていきます。

整備士が次に就くべき別業種の仕事は?

「好きなことをやったらいい」

これやったらまとめる必要も無いんですが、とりあえずモチベーション維持のために、好きなことにチャレンジしてもいいと思います。

そもそも、整備士自体、車が好きだからという理由でなったんですから、それは容易だと思います。

僕自身、整備の学校に行っているころから、PCを使ったデスクワークがしたい、もといフリーランスとして働きたいという想いもあったので、なんなく振り切ることができました。

転職はどうすればいい?

再就職なんてちょろいです。

意外と普通に新卒で入るよりも、再就職の方が内定がもらいやすいような気がします。

理由としては以下

  • 社会人経験がある
  • ある程度のマナーは弁えている
  • 職種によってはある程度スキル(技術)を持っている

ていうところです。

仕事というは覚えていくものなので、基本的な社交辞令とか仕事を覚えていくノウハウみたいなところは、もう経験で補うしかない。

けどある程度わかっていれば、その教育期間って省けますよね。

そんな感じで比較的、再就職はしやすいんじゃないかなって思います。

 整備士からのおすすめの転職先

転職先はここが迷いどころです。

ここでは主に、整備士の方が転職先に選びやすい職種をまとめていきます。

運送業

トラックの運転手などは、整備士の転職先として人気があります。

理由としては車の運転が好きだから、というものがあり、さらに給料がとても良いというのが最も大きな理由だと思います。

メリット

給料が良く、1人の時間が多く基本はあまり人と接することが無いので、対人によるストレスが少ないです。

デメリット

ただ、時間内に目的地までたどり着けないと、もう仕事を頼まれなかったりするので、ゆっくりと気楽に運転するというわけにはいきません。

さらに夜に出発して翌日の朝に到着、からの帰宅など。生活リズムが狂うので自律神経失調病や、座りっぱなしによるヘルニアなど腰に関する不調が多くなってしまうのもデメリットとなります。

保険営業

営業は特に多くの人が転職するジャンルですが、整備士の方が多く転職する傾向があるのが”保険の営業”です。

車には保険はつきもので、その関係で保険の営業に転職る人が多くなっています。

東京海上日動などの大手などが特に人気です。

メリット

報酬が歩合制なので、モチベーションが上がる。給料が圧倒的に増えるときもある。

ディーラーで働いていた人ならわかると思いますが、実際営業は非常に稼げます。

理由は”仕事を取ってきている”から。会社で偉いのは整備をしている人よりも仕事を取ってきた、作ってきた人なんです。

デメリット

ノルマや数字に追われる。場合によっては給料が安定しないことも。

営業は、非常に向き不向きがはっきりする職業だと思っています。営業所によって、月のノルマが課せられ、ノルマを獲得しなければまともな給料が出ないということもあります。

精神的ストレスで辞めてしまう人もまた多い職業です。

工場系

工場の仕事に付く人もまた多いです。理由としてはその就職のしやすさだと思います。

ライン工場はどこも人手不足な印象なので、転職先としては歓迎されます。

メリット

給料が安定していて、整備士よりも多い。

はっきり言って整備士よりも貰える額は圧倒的に増えます。

デメリット

休みが取れない場合も。

工場はブラックなことが多く、今の時代でも土曜出勤を強制させられるところも多いようです。

タクシードライバー

タクシードライバーも非常に多いです。

やはり運転が好きな人も多い整備士ですから、合致しやすいんでしょう。

メリット

給料がめちゃくちゃいい。

歩合制で40万〜ほど稼ぐことができます。

デメリット

勤務時間が長い。座りっぱなしで腰がきつい。

タクシードライバーは非常に勤務時間が長いです。

日中でも働けるのですが、やはり夜のほうが一番稼げるので、夜やった方が時間効率もいいということも多いです。

整備士を辞めたい人すぐ転職しよう

整備士という職業に憧れを持っていた自分を戒める意味でもこの記事を書いたわけですが、多分この記事を見に来ている人は殆ど「辞めたい」と考えている人ですよね。

さあ、すぐに辞めましょう。

アディオス

人気記事:【就活必見】自動車整備士の失敗しない求人の探し方【元整備士視点】

人気記事:【就職・転職】自動車整備士・メカニックのための求人情報まとめ【整備士辞めたい】

2017年8月2日自動車, 自動車整備士の転職