ゲーム実況をやりたくなったからやり方や機材等々を調べてみた

2019年1月11日

f:id:canworks:20171106202504p:plain

僕は基本顔出しはしたくない陰キャなので、このままこの赤い変なキャラを僕として発信をしていくつもりです。このスタンスはずっと揺るがないです。

そんあ僕ですが、最近はもっぱらポケモンにハマっています。対戦めっちゃ面白くて、厳選・育成・対戦と楽しみつつポケモンマスターの道を歩んでいます。

僕がポケモン対戦に目覚めたのはYouTubeで対戦実況動画を見たからです。なんで見たのかきっかけはわかりませんが、なんとなく見て「めっちゃ楽しそうやんけ!!」と思い、古い3DSと学生時代にやっていた”オメガルビー”を引っ張り出しました。

とりあえず最初からやって、普通にストーリーを楽しんで、新作のサンムーンが出ているのになぜかオメガルビーで育成を始めていました。

ほんの数日後には”サン”を購入して、ストーリーを楽しんで本格的に育成と対戦を始めて、最近はなんとなく読めるようになってきたりと、徐々にポケモン廃人の道を辿っています。

そこでふと思うのが「僕もゲーム実況やってみたい」という気持ち。

ちょっと前にハマった『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』でも実況やってみたいという気持ちはあったんですが、ここに来てポケモンにもハマってしまったお陰で、やっぱり時代は動画だな!!と思ってしまいます。

やっぱり時代は動画!!やるならYouTuberだろ!!

ということで、僕が自分なりにリサーチした「ゲーム実況やる上で必要な機材など」について紹介していきます。

※完全に僕個人の備忘録です

ゲーム実況に必要な機材

①キャプチャーボード

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 posted with カエレバ AVERMEDIA Amazon楽天市場

これがなくては始まらないでしょうと言った品物ですかね。キャプチャーボードにより、パソコンに出力した映像を録画(キャプチャー)するもの。

PS4Nintendo switchなどの据え置きゲームを配信する時に使うようです。値段がおよそ5,000〜20,000円ほどらしいのですが、あまり高いものを買う必要は無いみたいですね。

15000円ほどからはだいたい一緒ということを某ゲーム実況者はおっしゃっていたので、買うとしたらある程度安めでも良いのかもしれません。

3DSの実況はまた別

ですが、先のキャプチャーボードの関しては据え置き機限定。僕のやりたい3DS実況の場合はかなり事情が異なります。

3DSにはもともと、出力端子が付いていないので、3DSを改造するしか手段が無いのです。それが俗に言う『偽トロキャプチャー』というもの。

New3DSLL+偽トロキャプチャーキット posted with カエレバ 株式会社ケイティ Amazon楽天市場

 これが3DSを配信用にカスタマイズされたもので、なんとお値段4万近くするんだとか。

この値段は本体とキャプチャー機器等を合算した値段で、すでに3DSを持っている場合、そういった改造をしてくれるお店に出せばだいたい2万くらいらしいです。

僕としては2台持ちしたいから、まるまる購入ですかね。

②マイク

これがなかったら実況が始まりません。実況動画の面白さは単純に喋りにあると思います。僕はあまり喋りに自身は無いですが、完全自己満で実況をしていきたいと思ってます。

単純に実況って、友達の家で集まって、同じゲーム画面を見ているあの感覚だと思うんですよね。それがゲームの楽しみ方な気がします。

そんな友達がいないから、実況者はネットに流れていくんでしょうか。完全に陰キャです。そんな僕も陰キャか・・・。

マイクに関してはとりあえず声が取れれば良いと思います、そんなにマイクにこだわっている実況者さんはいないように思いますね。かくいう僕、実はすでにマイクを持っています。

iBUFFALO マイクロフォン スタンダード ホワイト BSHSM06WH posted with カエレババッファロー 2008-10-30 Amazon楽天市場

このしょぼいマイク。GTA5を友達とオンラインでやる際、ボイチャ用に購入したもの。確か当時で2,000円くらいだった気がするんですけど、これ今見たら5,000円もするんですね。こんなに高かったかぁ?

でもこんなマイクでも大丈夫ですよね?どうなんでしょうか現役実況者さん。

その他諸々ソフト

ざっとまとめると以下の通りです。

  • 録画ソフト
  • 音声録音ソフトなどなど

正直ココらへんはよくわかりませんでした。

まず大事なのが、録画するためのソフトと音声ソフト。これは性質上、ゲームのキャプチャー画面と音声が別々に撮られているから必要なのは確実です。

それと動画編集ソフトはまた別に必要となります。

色々揃えるのが大変でしょうが、だいたいフリーソフトでも揃えられるそうですので、フリーで揃えて知識等は後追いかなって言うのが僕の所感です。

動画コンテンツは面白い

ブログをやっている身でありながら、僕は最近、動画というコンテンツに興味を示しております。YouTuberになろうとかというより、ある種、稼ぐための手段としても動画コンテンツはかなり旨味を増しているような気がします。

それこそ、ゲーム実況など、好きなことをやって発信することがより手軽になっているので、一個人が有名になれるチャンスはいくらでもあるということ。

うまいことネットと付き合っていき、少しでも自分の生活を充実させるために、動画も一つの手段として、とても優秀なポテンシャルを秘めている。

動画ってまじですごくないですか?

アディオス

【参考にさせていただいたサイト一覧】

ch.nicovideo.jp

aviutl.info

youtu.be