ブロガーだけじゃなくネットなどで顔出しする人は9割方公開して終わってる説

2018年3月1日ビジネス

最近ではバーチャルユーチューバーなんてものも出てきて、だんだんとリアルとバーチャルの境界線が溶け合いつつあるのを見て思う

ネット上にわざわざ顔を出さなくても、信用なんて取れるものなんじゃないか?と僕は思ってます。

顔出し=ブランディング??

そもそも、信用というものはブランディングで獲得できるものだと思うので、それが個人単位になったら難しいから、なるだけ顔出して、見た目から信用を取りやすくしよう!みたいな意味がある気がします。

有名ブロガーの方々は総じて、顔出しです。ブログで月収100万!なんて夢見て追ってる方々も総じてブログは顔出しで頑張ってはいますが、結論顔出し無くてもそれなりに有名な人だっています

最近ではブロガー界の神ことイケハヤ氏が、概念化すると言い出し、アイコンをイラストに変えました。

元から顔出していたしかなり知名度あるから、関係なくね!?なんて思うかもしれませんが、こういったトップの方がやるとだいたい下は真似します

顔出しなんてしなくても、ある一定の知名度みたいなものは稼げる気がしますし、信用がまったく取れないなんてことも必ずしもない

というかブログって本来匿名でやるものだし、その文化がだんだん進化して選択肢の一環として、顔出すみたいな選択肢が加わったもの

僕は顔をだすつもりはありません

僕は一貫として顔出しなんかしないし、そこまでプライベートをネット上にひけらかしたくない。

そもそも、SNSでもあまりプライベートな写真とか上げるのはあまり好きじゃないので、根暗体質なんです。なのでインスタのような文化も苦手

ネットに顔写真上げるデメリットも確かにありますが、そこを差し引いてもあんまこのまんすね

ていうか前提として仕事もネット関連なので、別にブログと仕事はわけようかな、とうのが、一番でかい

もういっそバーチャルブロガーとか作って文章も自動で打ってくれるようになったら、最強ですよね

思ってることを勝手に文字に起こしてくれたら、どれだけ簡単に記事があげられるか

文章を書くのは好きですが、打つのはそこまで得意ではありません。そんなにタイピング早くないし 

匿名でも仕事取れる

フリーランスの方なんて意外なほど顔を見せません。

それでも仕事の信用は取れます。

一年間一緒に仕事しているけど、一度も顔も見たこと無いし合ったこと無いなんてこともよくあるって話です

そもそもこの時代にわざわざ顔突き合わして合うのは非効率でしょう・・というのが、ネット界隈の言い分

まあ確かにそうですけどね。ドライな人が多いです。

ネット上では顔出さなくても、ちゃんと存在してればいいでしょう、と常思ってた

ちょっと前に某プロブロガーが「顔写真無い人は信用できない」みたいなことを発現してたけど、あれもなんだか安いなと思った。

「じゃあ顔出してるやつはみんな信用できるのか?」なんて面倒くさいことは思わないですが、ちとあの発現は安易すぎでしょうと思った

右倣え右が嫌だから、自由に稼げるプロブロガーという道に進んだ人が、右倣え右を強要するのは、ちょっと無い

ディス記事になってしまうが、最近の流れを見るにどうにも顔出すとか顔出さないとかいうのは、あまり重要じゃないんじゃないかと思ってます

どの時代でもそうだけど、結局大事なのは中身のコンテンツなので、そんな外見からじゃなんも分からない

外見が大事ってのは一理ある

第一印象はまず見た目からってのは、確かに!って思いますが、第一印象がだめだったから以後ダメなのかって言ったら違う。

もっと見るべきは中身でしょ。ってどんな物事でも思います。

2018年3月1日ビジネス