『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の時系列は全ての歴史の終着点?

2019年1月11日ゲーム/アニメ

 僕はこのブログで散々『ゼルダの伝説』の時系列に関する考察を行ってきました。

過去の考察記事はこちら!

新説立ててみた!ゼルダの伝説『ブレスオブザワイルド』の時系列を考察

【ゼルダの伝説】時の勇者敗北ルートがハイラルの正史なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去に色々とゼルダの時系列について考察をしていきました。

  • ブレワイの時間軸は風のタクトルート。
  • 時の勇者敗北ルートがハイラルの正史説

と言った感じで、突拍子もない説を唱えてきました。自分もこういったゲームや漫画の考察は大好きなので、楽しみながら色々と世界感に思いを馳せていたのですが、この度、なんと公式から明確に『ブレスオブザワイルド』の時系列が発表されました。

『ブレスオブザワイルド』の世界線は全ての歴史の終着点?

さあ、まずは下記のサイトを見ていただきたい。

ゼルダの伝説ポータル|ヒストリー

ゼルダの伝説の公式サイト内ではヒストリーとして各作品を時系列ごとに紹介されているページがあります。

そのページを確認してみると、ブレスオブザワイルドの時間列が歴代作品でもっとも新しいものだということがわかる。

時の勇者が『敗北したルート』と『勝利したルート』で最初の分岐が発生します。

その後、時の勇者『勝利ルート』から『大人時代』と『子供時代』で分かれることになります。

現段階ではこのゼルダの伝説の歴史は3つに分岐していることがわかります。

※ゼルダの伝説の分岐ルート(作品ごとの区分)

・敗北ルート(神トラルート)

・勝利ルート(時オカルート)

 └大人時代(風タクルート)

 └子供時代(トワプリルート)

どこかで歴史は交わるとかだったら面白いよね

『ブレスオブザワイルド』に出てくる神獣が「1万年前に厄災ガノンに対抗するために古代シーカー族が作り上げた」という設定がある時点で、今までのどのゼルダ作品からも、時間が遠く離れていることはわかっていました。

そもそも、現実の人類ですら1万年も文明が続いていないので、もはやハイラル史というものは果てしない悠久とも言える時間を歩んでいます。

そこで僕はまた新たに説(妄想)を考えてみました。その名も

全ての物語はブレスオブザワイルドに集約される説

またも突拍子も無いことではありますが、こういうのも合っても面白いんじゃないかなんて思いました。

そもそも、ゼルダの世界感には『ムジュラの仮面』に出てきたタルミナのように、異世界または並行世界の存在が確かにあります。

そして、忘れてはならない『時のオカリナ』の存在。

時間と空間を行き来する手段がハイラルには存在している時点で、どこかのタイミングで、それぞれ分岐していた全ての歴史がどこかで集約するのではないかな?なんてことも思った。

そうすればリト族の先祖であるゾーラ族が出てくるのも納得できるし、各地に存在するクジラの骨や石版のこと、神獣の名前の由来なども腑に落ちる。

正直ファンタジーの世界ですから、いくらでも設定次第で世界を弄くれると思うので、なんにせよ次回のゼルダの新作が楽しみです。

ブレスオブザワイルドの未来と過去

ある意味、この『ブレスオブザワイルド』を転機に、ゼルダの伝説はまた新しい流れに突入したような気がします。

従来の作品からの時間軸を一度切って、ここから新しくゼルダの伝説が始まるような気がします。

『ブレスオブザワイルド』の前の時代に1万年以上も時が流れていること、『ブレスオブザワイルド』の未来の話がまだいくらでも広がれること。

これらを踏まえても、まだまだ歴史は続いていきそうです。

新時代の『スカイウォードソード』もしくは『時のオカリナ』くらいの位置づけでも納得ですね。

ただ、『ブレワイ』で戦ったガノンは100年前に復活していて、さらにその1万年前に封印されているので、少なくとも、ブレワイのハイラルが転覆するまでの1万年間はガノンの驚異もなく平和だったんだと思います。(文明が衰退している理由は不明だが・・・)

てことは次、作るとしたらブレワイの1万年以上前の、厄災ガノンが封印される前の話かな?

『ブレスオブザワイルド』は従来ハイラル史の集大成

ということで結論としては「ブレスオブザワイルドは従来作品全ての歴史の終着点である」というのが、僕の考察にしたいと思います。

今まで「風のタクトルートだ!」なんて豪語していたのに・・

と言った感じですが、過去の歴史が古文書によって変わるように考察も変わっていくものです。

全て時間軸が合わさることで、『ブレスオブザワイルド』で語られた色々な謎が全て腑に落ちますし、非常にロマンのある話だなって思います。

  • 「空を舞い、時を廻り、黄昏に染まろうとも」(トワプリルート?)
  • 風のタクトに存在したリト族(風タクルート?)
  • 神トラルートでしか確認できないライネルの存在(神トラルート?)

と、これらの謎を解明するには全ての歴史を1つにするしかないと思いました。

きっとどこかの時代でゼルダの伝説の歴史が一つになる時がくるはずだ!

アディオス。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去の考察記事はこちら!

新説立ててみた!ゼルダの伝説『ブレスオブザワイルド』の時系列を考察

【ゼルダの伝説】時の勇者敗北ルートがハイラルの正史なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年1月11日ゲーム/アニメゲーム, ゼルダ