『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の追加モンスターに関する考察と予想

2019年1月26日ゲーム/アニメ

『モンスターハンター:ワールド(MHW)』を買ったのは実は去年の暮のことです。

実に10年ぶり(MHP3以来)にモンスターハンターシリーズに触れましたが、めちゃくちゃハマってしまいました。

そもそも僕が、MHWを買おうと思ったきっかけは今年の秋頃に来ると言われているアップデートのこと。

モンスターハンターワールド:アイスボーン 公式サイト

これをきっかけにPS4と合わせて購入しました。

というわけで、モンハンに激ハマり中の僕ですが、次回大型アップデートについての追加要素などについてを考察してみました。

現在判明しているアップデート内容について

現状公式から発表されている情報についてをおさらいしていこうと思います。

YouTubeで公開されているティザー映像をご覧いただければ、ある程度の追加要素についてはわかるので、そちらも交えてまとめていきます。

実質G級!マスターランクの追加!

なんと公式のモンハンラジオ内にて辻本プロデューサーが語っていましたが従来のG級という名称を改めて「マスターランク」とする旨が語られました。

今までの「G級相当のアップデート」という言い方ではなく「G級の追加」ということで、ハンターの方々は安心したかと思います。

従来では日本では「G級」、海外だと「アルティメイト」と呼び名がバラバラだったのを統一するという意図もあるみたいですが、正直少しさびしい感じもします。

G級という名称には特別な思い入れがあったんですが、それもなくなるのか・・。

ナルガクルガの追加?

こちらの動画を見ていただくと最後のほうに、暗闇の中に赤い閃光を映した映像が流れます。

辻本プロデューサーの特別インタビューによると「従来ファンならわかるモンスターだ」と言っているので、9割方ナルガクルガだと思われます。

さらにこのインタビューを聞いてると”アクションの追加”もあるようで期待が持てる。

新フィールドの追加

現状わかることでは最も注目の集まるところは「新フィールドの追加」です。

MHWでは雪山などの寒冷地がなかった関係でホットドリンクが廃止されていましたが、これによりホットドリンクも復活しそうです。

ティザー映像を見るとリオレウスが古代樹の森から大陸を渡り、雪の覆われた大地へ向いました。

疑問点としては、リオレウスは寒冷地では出現しないので、どういうことなのか?となったが、まーあくまでセールスのための演出なんだろうと腑に落としています。

追加されるであろう要素

ということで、現在確定?している追加要素について3点ほどまとめました。また何か見落としあるかもしれないけど。

次は「アイスボーン」で追加されるであろう要素についてを語っていこうと思います。

新フィールドは現存フィールド分の追加?

先程の雪の大地は確定的に追加される要素であろうことは誰でもわかること。

辻本さんんのインタビューによると、それなりのボリュームが追加されると言ってます。

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/8001/20181211-mhw.html

今のところ、新大陸のさらに奥地にいけることは、NPCからも語られており、ゲーム中でも確認できる新大陸全土を写したであろう地図にも、まだ半分ほどしか、大陸を進出していないことがわかります。

気になるのが、雪の大地が同じ大陸内に存在しているのか?ということ。

ティザー映像を見ると、リオレウスが海を渡って、雪の大地に向かっている。

わざわざリオレウスで海を渡らせていることを考えると、今いる新大陸とはまた別の大陸ではないのか?と思うのだが。

僕が考えるに、追加されるであろうフィールドは全部で4つか5つくらいかなと考えている。

リオレウスが渡った「雪の大地」、ナルガクルガがいる「密林系エリア」は想像できる。

後は龍結晶の地の先に広がる大陸。古龍にまつわる土地が出てくるのも間違いないような気がします。

想像できるだけで3つかな?

既存モンスターの追加は?誰が新大陸に来る?

気になるのはやっぱこれですね。正直ワールドはモンスターが少なくてかなり物足りない感はしていました。

そしてあのグラフィックでみたいモンスターというのも多いハズ。ということで、僕なりの考察を交えて来る可能性のあるモンスターについて予想をしていきます。

ナルガクルガ

ナルガクルガの登場はほぼほぼ確定で考えていいと思います。

辻本Pもそうだという言っているようなものだし。

で、ナルガクルガが来るということは、同じ骨格を利用して「ティガレックス」や「ベリオロス」の登場も濃厚だと考えています。

ワールドを例に出すと、「ラドバルキンとウラガンキン」「ジュラトドスとヴォルガノス」と、同骨格のモンスターが2体は出るようになっています。

こういった法則なら必然的に「ナルガクルガと???」という構図にもなりそうな気がします。

雪のフィールドが出るのでティガもベリオも来そうですよね。個人的にはティガ復活を望みます。

ジンオウガ

ジンオウガも新大陸にいるんじゃないかな?って思ってます。

理由としては2つ。

まず1つ目は”新大陸に牙竜種”が多いということ

今まで牙竜種はジンオウガかその亜種しかいませんでした。

3rdから登場してからというもの、しばらく新種の牙竜種が発見されずにいざ新大陸。

大幅に追加された牙竜種により、一気に他種族と同等数のモンスター数になりました。

新大陸で大量に牙竜種が発見されたことから、新大陸は牙竜種が生息しやすい環境、もしくは新大陸発祥なのではないか?と思いました。

ジンオウガは牙竜種の頂点とでも言うべき存在。そのジンオウガは新大陸のさらに奥地にいるのかも。

そして2つ目の理由は単純に「人気モンスターだから」

モンハンはビジネスですからね。ある程度パッケージを豪華にしないといきません。

僕のように以前のハンターも帰ってくるかも知れませんので、かつてのメインモンスターを出すことで、さらに売れる可能性もあります。

そんな大人の事情でジンオウガくるのでは?と思ってます。

僕は苦手ですがね。ジンオウガ。

新規モンスターにも期待!

既存のモンスターを新大陸グラフィックでみたい!という方も多いと思いますが、新しい遊びを体験させてくれる新モンスターも欲しいところです!

今作アイスボーンはいわゆるG級に当たるものですから、それなりに新モンスターも出てくると思われます。

新メインモンスター

必ず出る枠としてアイスボーンのメインモンスターは来ますよね。

今回、ピックアップされている雪のフィールドに順応したモンスターが来るのはほぼほぼ確実かな?

雪のモンスターと言えば過去作で言うと

  • ティガレックス
  • ガムート

以上2体が、今まで雪山が住処のメインモンスターとして登場しました。

そして今作ワールドでは古龍に焦点をあてた物語が中心なので、雪のフィールドに縁のある古龍種がでると予想しています・

亜種モンスター

続いて追加されるであろうモンスターは、ワールドにて初出のモンスターの亜種達。

開発側からしたら、亜種は新モンスターというくくりらしいので、これはかなり濃厚だと思います。

これにより、単純にワールドの倍、モンスターが増える計算になります。

考えようによっては古代樹の森にいるモンスターが寒冷地に順応した姿が亜種、として出てもまあ、有り得そう。

そうなったら雪フィールドが魔境になりかねませんが。

アンジャナフとか雪は無理そうだなぁ。

ゼノ・ジーヴァ成体

これはもう本編でも散々言われていたことだけど、ゼノジーヴァはまだ生まれたばかりの幼体だって言われてるし、いろいろと謎の残るモンスターなのでここらへんの伏線は回収されそう。

ただ仮に、ゼノジーヴァの成体をラスボスとして出すのは、少し芸が無いというか、ワンパターンというか。

イマイチパンチが足らないような気がするのは私だけでしょうか?

次の発表は春!とにかく待つ!

今回の考察はかな〜〜り安パイな考察になったなと我ながら思います。

ナルガは確定的→骨格使い回しはあり得るからティガでる。

みたいな。もう少し深く考察してみたいけど、まだまだ素材が少ないので、より深く考えるのは春の発表のときですかね。

何はともあれ新大陸。

まだまだ調査ができるようで、非常に楽しみだ!

他のモンスターハンターの考察記事はこちら

【MHW:I考察】15周年!?歴代メインモンスターは全て新大陸に出てくるのか?

2019年1月26日ゲーム/アニメ