【決定版】迷ったらこのバンドを聴こう!ガールズバンドおすすめ15選!

2019年2月14日音楽

ガールズバンドの定義ってすごく曖昧な気がします。

ガールズバンドと紹介していても、正規メンバーに男が入っているし、ましてやボーカルだけ女性で他全員男!なんてこともあります。

そこで、ボクが正真正銘「女子だけのガールズバンド」を紹介していこうと思います。

ランキング形式は少し難しいので、これさえ見ておけばとりあえずガールズバンドシーンは抑えられるって感じでチョイスしておりますので、そこらへんは愛嬌でよろしくお願いします。

それでは!

↓目次から気になるバンドに飛べます。

the peggies

北澤ゆうほ(Vo.Gt.)、石渡マキコ(Ba.)、大貫みく(Dr.)の3名からなる3ピースガールズバンド。

高校生の頃からオリジナル曲を作り、高校卒業した年には全国流通盤のアルバム「goodmorning in TOKYO」をタワレコ限定でリリースしている。

なんとも好調な滑り出し。というかガールズバンドってすぐに全国流通するような気がする。

後で語るがSHISHAMOも同じような経歴なので、なにか裏があるのではなんて勘ぐってしまう。

しかし、その身、楽曲は齢20いかない女の子が作ったのかと疑わしいほどのクオリティである。

かわいい系の曲かと思いきや、くっそカッコいい楽曲でボク一押しのバンドです。

yonige

牛丸ありさ(Vo.Gt.)、ごっきん(Ba.Cho.)の2ピースガールズバンド。

以前はドラムがいて3ピースで活動していましたが、ドラムはすでに脱退済み。現状のボーカルの牛丸氏とベースのごっきんで活動しています。

新規ドラムに関しては特に音沙汰ないのでこのままでいくのかな?

yonigeといえば「アボガド」があまりに有名になりすぎですが、もういいよね?

まだの人は聞いてみてもだけど、「ワンルーム」めっちゃ好きです。

Twitter上で山田孝之に「ライブ見に来てください!」的なことを言って、見事に山田孝之をライブにこさせた挙げ句、そのまま山田孝之主演のショートフィルムの楽曲になったりと何かと話題にもなった曲です。

SHISHAMO

宮崎朝子(Vo.Gt.)、松岡彩(Ba.)、吉川美冴貴(Dr.)の3名からなる3ピースガールズバンド。

言わずと知れたというか、もはや売れに売れたバンドですね。

何が転機だったのかわかりませんが、順調に売れていった次世代ガールズバンドの筆頭的存在。

こないだ知り合いのライブを見に行った際、「SHISHAMOに憧れてバンド始めました!」て子がいたから「ああ、時代が変わってきたのか」なんてしみじみ思ってしまいました。

チャットモンチー

橋本絵莉子(Vo.Gt.)、福岡晃子(Ba.Cho.)のいける伝説。

ガールズバンド界隈のハイスタ、エルレ的存在。

チャットモンチー載せるか少し迷ったけど、どうせ語るならここからだなぁってことで入れてあります。

SHISHAMOが現代のガールズバンドの筆頭であるなら、チャットモンチーは以前のって感じでしょうかね。言い方としては少し難があるが確実に受け継がれているチャットモンチー魂。

のちの女子バンドに与えた影響はでかくて、未だにチャットモンチーを聞いている高校生もいますからね。

ビートルズに憧れるとかそんな次元かも。

2018年に惜しくも解散し、それぞれ今は目立った活動はしていない。

ふたりとも「やりたいときにやる」というスタンスを持っているようで、ある意味では音楽家としては1番幸せな選択なような気がします。

SCANDAL

HARUNA(Vo.Gt.)、MAMI(Gt.Vo.)、TOMOMI(Ba.Vo.)、RINA(Dr.Vo.)の4名からなるアイドルっぽいけどぜんぜん違う硬派なバンド。

最初こそめちゃくちゃ簡単な曲だったけど、最近はかなり本人達の趣味嗜好が出てきて、1番デビューから伸びしろを感じられるバンドで、ある意味ではこれからバンドを始めたい子にとっては憧れるべき存在であると思ってます。

Silent Siren

すぅ(Vo.Gt.)、あいにゃん(Ba)、ゆかるん(Key.)、ひなんちゅ(Dr.)の4人からなるアイドル感全面に押し出すけどバンドのガールズバンド。

全員モデルという驚異のメンツ揃いだけど、やっぱりバンドだこの人達。

商業音楽としては真っ当にやっているなって思いますよほんと。

ねごと

蒼山幸子(Vo.Key.)、沙田瑞紀(Gt.Cho.)、 藤咲祐(Ba.Cho.)、澤村小夜子(Dr.Cho.)の4人からなるバンド。

2019年の7月20日に解散予定。唐突のことでファンの方々は大いに驚いたことだろうと思う。

解散後はそれぞれ別々の道を歩む・・・的なことが公式サイトで書かれていましたが、どうなるのでしょうか。

彼女たちの音楽は「夢の中なら何を歌っても良い」というコンセプト通り、実に多彩。

とくにカロンは僕のお気に入りでどうにもエモい気持ちになる

Hump Back

林萌々子(Vo.Gt.)、ぴか(Ba.Cho.)、美咲(Dr.Cho.)からなる3ピースバンド。

ボーカルの林萌々子がチャットモンチーが好きということで当初はチャットモンチーのコピーバンドをやっていたらしい。

それも気がつけばロックシーンを牽引する1バンドと成り上がったHump Back。

チャットモンチー世代が今こうやって台頭してくるのはなんか感慨深いですよね。

リーガルリリー

たかはしほのか(Vo.Gt.)、ゆきやま(Ba.)、海(Dr)の3名からなる3ピースバンド。

まだ20歳そこそこではあるが、やたらと注目されてグイグイ売れてしまったバンドである。

売れる時は一気に売れるなぁ。

「関ジャム」というTV番組に出演してからYouTubeに上がっていた「リッケンバッカー」のPVの再生数がやたらと伸びた。

まだまだこれから伸びてくんだろうなぁって思う伸びしろが半端じゃないバンド。

赤い公園

津野米咲(Gt.Cho)、藤本ひかり(Ba.)、歌川菜穂(Dr.Cho.)、石野理子(Vo.)の4名からなるバンド。

2018年に今のボーカルに変わった。

途中でボーカルが変わるというのは日本のバンドとしてはなかなか珍しい。しかもメンバー中もっとも若い2000年生まれという石野理子。

動画はその新体制になって一発目に出したMVです。

ハルカトミユキ

ハルカ(Vo.Gt.)、ミユキ(Key.Cho)の2人からなるフォーク・ロックユニット

バンドというよりユニットになってしまうが、とてもおすすめです。とにかくまず曲を聞いてその世界観を知ってほしい。

独特のエモさが漂い、どうにも虚しい気持ちにさせる曲。

とにかく聞いて。

FINLANDS

塩入冬湖(Vo.Gt.)、コシミズカヨ(Ba.)の2人からなるバンド。

ライブ中は決してモッズコートを脱がないという男気あふれるバンドではある。いや、普通に曲はかっこいいし、ボーカルの歌い方がすごく好きだなぁ

created by Rinker
サンバフリー

Lucie,Too

Chisa(Vo.Gt.)、かなこ(Ba.Cho.)、シバハラナホ(Dr)からなる3人組バンド。

まだバンド結成して2年立たないくらいだが、やたら露出できているバンド。

ベースの子はリーガルリリーのサポートであったり、ドラムに関してはSUNNY CAR WASHの元メンバーであったりなど、それなりに注目の集めるメンバーで構成されている。

ЯeaL

Ryoko (Vo.Gt.)、Fumiha(Ba.Cho.)、Aika(Dr.Cho.)からなる3ピースバンド。

カバー動画なんかでも有名なんじゃないでしょうか?

DOESの「バクチ・ダンサー」やポケモンの曲をカバーしてたりで結構再生数上がってますよね。

女子高生ブランドを売りにしていたけどそれももうだいぶ前の話になってしまった。

The Wisely Brothers

真舘 晴子(Vo.Gt.)、渡辺 朱音(Ba.Cho.)、和久利 泉(DrCho.)の3名からなるバンド。

曲がエモすぎる。

音は今風にしたインディーポップって感じですごく聞き心地が良いなって思った。

とくにこのメイプルカナダがおすすめ。

まとめ

新しいバンドに出会えましたでしょうか?

最近は音楽を探すのはネットで完結できてしまうんですが、なにせ量が多い!

今回は15選とそれなりに厳選はしましたが、まだまだ紹介したいバンドはたくさんあります。

好評であれば別記事でまとめてみたいと思うのでよろしくお願い致します〜

アディオス

2019年2月14日音楽