ガジェット厨がおすすめするモバイルバッテリー5選!確実に失敗しない選び方!

ガジェット

モバイルバッテリーがあったらナンパができる!なんてジャパニーズジョーク的に言われているほど、今の日本人のほとんどが所持しているであろうモバイルバッテリー通称モバブ。

使用頻度の多くなったスマホの必需品となっています。

皆さんはどんなモバイルバッテリーを使っておりますでしょうか?

僕はもっぱらAnkerの大容量モバイルバッテリーを常に所持しております。

スマホだけでなく、PCも充電できるので重宝しています。

しかし、それだけでは不安なので、いくつか予備のモバイルバッテリーを所持しております。

そんなわけでボクが選んだおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

おすすめモバイルバッテリー5選!

Anker Power Core 20100 Switch Edition

ボクが外出先でがっつりPCもで作業するとき、スマホも使うときにはこいつを常備しています。

Switch対応と書いてあるとおり、それなりに大きめのデバイスでもしっかり電力を供給してくれるのでしっかり充電できるので便利です。

値段は1万円近いですが、スマホなら5回ちょいの充電、MacBook Proなら2回充電できるくらいなので、出先ではとても頼りになります。

Anker Power Core 13000

ボクがメインで持ち歩いているのがこれです。

もう3年ちかく使っていますが、まったく調子悪くならないので耐久性もバッチリです。

PCを充電するには頼りないですが、一日出かける時はこいつ一個持っていけばまあ大丈夫です。

cheero CHE-072

サブ機として使っています。

普段使っているモバブが充電不足だった場合にいくつか予備を持っているのですが、これがそのうちの1つです。

モバイルバッテリーってついつい本体の充電を忘れてしまうですよね。

特に連日使うことがあるとふとした時に無くなっている・・・。

なので、僕は収納ポーチの中に、モバイルバッテリーを2つ入れています。

TSUNEO モバイルバッテリー

めっちゃ薄型なのがお気に入りです。

こいつもサブ機として使っていますが、なにげに使いやすくて重宝してます。

一応付属でUSBーAケーブルが付いていますが、あまりこの型は使わないので使うことが少ないですが・・・

テック TMB-4K

4000mAhと少し頼りないですが、こいつは非常用として持ってます。

他のモバイルバッテリーの充電が無くなったときに使っています。

ただ、容量が小さく安価なので比較的購入しやすかったんですよね。

選ぶべきは「10000mAh」以上!

モバイルバッテリーに表記されている「10000mAh」 などの表記がどういう意味かご存知でしょうか?

単純に数値が多いほうが良いのですが、具体的にどのくらいの基準かわからないと思います。

まず、「mAh」とは1時間に流すことができる電流を表しています。

「10000mAh」とは10000mAの電流を1時間流せるという意味になります。

スマホのバッテリー容量は約2000mAhほど!しかし・・?

対してスマホのバッテリー容量が約2000mAhくらいになるのですが、普通に考えると5回くらい充電できるんじゃないか?と思いますよね。

しかし、実際はモバイルバッテリー容量の5割ほどしか充電できないと言われています。

電圧変換ロスだとか電圧降下なんて難しい話になってしまうので割愛しておきますが、まあだいたい50%くらいしかつかわれないんだなって考えてもらって結構。

10000mAhくらいあれば2〜3回充電できる!

ということで、3000mAhなんて安いモバブもありますが、あまりアテにはできないので、10000mAhのモバブを買っておくのが安パイです。

困ったらAnkerを選んでおきましょう

あとはおすすめは「Anker」ですかね。

1番モバイルバッテリーで種類が豊富ですし、安心して使えるブランドになります。

特にこだわりが無ければAnkerのモバイルバッテリーを購入するのをおすすめします。

アディオス

ガジェット