使って良かったおすすめ光目覚まし時計厳選4選の紹介

2019年2月22日ガジェット

本気で朝起きるために光目覚まし時計を買おうと悩んでいる方。

商品自体多くて実際何がいいのか?光目覚まし時計の選び方はどうすればいいのか?

などわかりにくいと思います。

今まで普通の目覚まし時計を使っていたので、光目覚ましの選び方の基準というものがわかりにくいですよね。

そこで、光目覚ましを愛用して2年の私が、おすすめ商品の紹介と、選び方についてを紹介していこうと思います!

おすすめ光目覚まし時計4選

最近ではテレビでも光目覚まし時計が紹介されるほど、メジャーな商品となりつつあります。

人間は太陽の光を浴びると、脳が活性化されて1日がとても活動的になると言われています。

その原理を利用しているのが光目覚まし時計です。

私も朝が大の苦手だったので、光目覚まし時計の話を聞いてから、いろいろと探しました。

そこで私が特におすすめした光目覚まし時計をランキング形式で紹介していきます。

第1位 inti4

僕が現在使っている最もおすすめの光目覚まし時計!

「マツコの知らない世界」でも紹介されて一躍有名となってしまったのには、少しドギマギしますが、やはりその性能はずば抜けていいですね。

照度は驚きの20,000ルクスで圧倒的な光を放ちます。

ちなみに2度め防止としてアラーム音もでますが、正直音が大きすぎるのであまりおすすめはできません。

ちゃんと枕元に置いて光が当たるように調整して使ってみましょう!

価格27,700円(税抜)→24,800円(税抜)
照度20,000ルクス

inti4のレビュー記事も書いてます!

第2位 ブライトライトME+

ボクがinti4を買う前に使っていた光目覚まし時計です。

10,000ルクスとinti4と比べると照度は落ちますが、そこ圧倒的大きさで光を広範囲にぶちまけます。

ただ、大きすぎるので、場所の設置に悩むかも・・・

あとLEDでは無いため交換すうr必要がでてくるので注意。

価格39,800円(税抜)
照度10,000ルクス

第3位 Wake-Up Light HF3520

この時計は派手な明るさで一気に起こすというよりは、暖かな光でゆっくり起こすイメージの時計です。

もちろん、設置場所にも注意しないと、効果は全然感じられないので注意してください。

意外と丈夫で壊れづらいのが良いポイントかも!

価格16,780円(税抜)
照度300ルクス

第4位 YABAE WAKE UPLIGHT

ボクが一番最初に買った光目覚まし時計はこちら。

安くてお試しにはいいかなって思って買ったけど、だんだんと慣れてきてしまって、もう少し強いものに買い替えていったって感じです。

ランプシェード的な感じで使えるので、間接照明のような使い方もできるので、枕元に置いておくと何かと便利です。

価格3,585円(税抜)
照度250ルクス

光目覚まし時計の選び方

3000ルクス以上

人間が光を浴びて頭が活性化される最低の照度が「3,000ルクス」とされているようです。

なので購入するなら3000ルクス以上のものを目安に買うようにしましょう。

もちろん、眩しければ眩しいほどいいので、ルクスはなるだけ高めのほうがいいと思います。

どうせ直視なんてできませんしね・・・w

ベッド周りに置ける大きさか?

これは非常に重要。

光で起きないと行けないので、枕元から遠くなるとあまり意味がありません。

枕元に置けて、かつ邪魔にならないサイズ感がベストだと思ってます。

なので、僕は inti4に落ち着いたわけです。

ブライトライトなどの大きめのやつもいいのですが、ボクは寝相が悪く、寝ているときに倒れてきたらと思うと怖いので、コンパクトなinti4を使ってます。

旅行先にも持っていけるしね!

不安な人はアラーム音付きも!

光だけだと不安だと思う人は最初はアラーム音付きのものを買ってもいいと思います!

だったら最初っから普通の目覚まし時計買ったほうがいいじゃん!と思うかも知れませんが、最初は正直なれません!笑

なので音で起きて、まずは光目覚ましで起きる習慣を無理やり付けます。

そうすると、いずれ音無しで光だけですっきり目覚めるようになりますよ。

習慣化は大事。

まとめ

以上、ボクがおすすめする光目覚まし時計ランキングでした。

と言っても全部で4つしか使っていないので、ほんとはもっといいものがあるかも知れませんがね。

そのうち機会が合って新しいものを使い始めたら、随時追加してレビューを書きたいと思います。

アディオス。

2019年2月22日ガジェット