ノルマが厳しいと宣うバンドは全員辞めろ

音楽

最近知り合ったとあるライブハウスの店長がふいに言った言葉だ。

アマチュアバンドは自分たちがライブをやるために、いかにノルマの少ない、あわよくばノルマ無しのイベントが無いか探していることと思う。

でもこれって、バンドが売れる上で全く意味の無い行動だってこと気づいてました?

ノルマの仕組み

アマチュアバンドがライブをするのはだいたいキャパ200人ほどのライブハウスだと思う。

そこで課せられるノルマが15枚×2,000円=30,000円とかがおおよその相場だと思う。

ようは15枚チケット売らなければその差額分はあなた達が負担してくださいね?ということ。

3人呼べたとしても残り12枚で24,000円は自腹を切らなければいけなくなる。

この自腹切るシステムが嫌で、バンド側から批判の声をちょくちょく聞く。

でも思うんだけど、これって当然なんじゃないの?

バンドはビジネスと一緒だと思うんだが

バンドって自分たちの演奏を見たいというお客さんが自腹切って来てくれるわけで、そこからノルマという会場費を回収している。

この仕組みを用いたビジネスモデルってそこらへんにたくさんあるよね?

そもそも、タダで演奏して自分たちが楽しんで自己顕示欲を満たすのって、それバンド活動じゃなくてよくね?

てか”売れたい”って思ってることと逆のことやってるよね?

その店長の「ノルマが厳しいとか言うバンドは全員辞めろ」の言葉を聞いて、僕もそんなアマチュアバンド辞めちまえって思った。

そもそもライブハウスがノルマを回収する理由

だいたいアマチュアがライブするときって4〜5組くらいまとまって出演することが多いと思う。

その時の1バンドあたりのノルマがだいたい30,000円くらい(15枚×2,000円)

それを4〜5組で合わせると12〜15万円くらいになります。

この15万円くらいのお金が、そのライブハウスの”ホールレンタル費用”として回収している金額になります。

じゃあこの15万円の内訳はどうなっているのかというと”機材のメンテ費用”や”維持費”、”その日のスタッフの人件費”などなど・・・

バンドマンだったらわかるけど、アンプやドラムのメンテ費用って結構かかります。

アンプ自体高価なものだし、中には雑に機材を扱うやつもいるから、どんどん消耗していきます。

そして、スタッフの人件費、つまり給料です。

バンドマンはみんなバイトやっているからわかると思うけど、単純に時給900円だか1000円だかを払って、ライブハウスはスタッフを動かしているんです。

だからスタッフを2時間働かせるとチケット2枚分のお金が消えていく・・・

つまり、このノルマを回収できなかったらライブハウスでライブを行うことすらできないわけです。

バンドはビジネス!ライブをこなせばいいというものではない!

よく見かけるのが、ライブを月何本もやりまくって自分たちを知ってもらう!

みたいなスタンスのバンド

まっっっっっっっっっっっっっっったく意味ありませんから!

今の時代、アマチュアのライブに足を運ぶ人なんてめったにいません!

しかもその人って全く口コミしないから。

ようは集客の方法を間違っているから、自分たちが売れていかない。

ライブは客を集めるためにやっていると思っているバンドは意識を変えたほうがいいと思います。

ライブはゴールで、集客は別でやるべき。

というか、1番お金を取れるところがライブですからね。

ファンからお金を取りたくないというバンドは論外です。

バンドは職人ではなくエンターテイナー

ひたすら技術を上げていって、演奏がうまくなってライブをする。

そうすれば自然とお客さんがつく!

って思っている勘違いバンドマン。

そういう方はスタジオミュージシャンになったほうがいいです。

バンドは職人ではなくエンターテイナーなので、作品を作るだけじゃなくお客さんを楽しませるようにならないといけません。

むしろそこを磨けばお客さんは集まっていくと思います。

ノルマを達成できないバンドはライブを減らせ!

というわけで、ノルマを払えないアマチュアバンドはまずライブ回数を月に1回とかにしましょう。

それ以外はネット使って露出して少しでも見られるようになってください。

あまりノルマ払えないって言ってると、ライブハウスの人も見限っちゃうからね。

というわけで某都内ライブ端数店長からの代弁改心の叫びでした。

アディオス。

音楽