自動車整備士の労働時間・残業について 元自動車整備士暴露

2019年4月3日自動車

自動車整備士の 勤務時間

ボクがまだ整備士をやっていたころは毎日7時起きの8時出社。

朝から工場や事務所の掃除をして9時頃に出勤してくる先輩たちのためにロッカールームもキレイにして、人によってはコーヒを淹れてあげる。

9時半から全体朝礼をやって、10時から業務開始。

8時出社するも、実際は8時くらいに来て、1人で開店前の準備をやっていました。

といってもボクのいた営業所が特殊なだけで、全部が全部ボクみたいな感じにはならないと思います。

いや、意外といるのかな・・・。

基本は10時〜19時ごろまで

ボクは某ディーラー勤務だったので、規約的な業務時間は10時〜19時(8時間休憩1時間)の勤務でした。

専業の工場でもだいたい同じ勤務時間かと思います。

基本的に整備工場はお店の開店から閉店までを勤務時間としていることが多いでしょう。

しかし、そもそもこの開店閉店に合わせて、キッチリ仕事をしていたら、絶対に時間が足りません。

朝の10時開店から予約の点検も入ってるし、飛び込みも来ます。さらに車検も入っているもんだから、10時からスタートしないと1日で終わりません。

必然的に10時前から出社しないと間に合わないことになります。(この間、無賃です。。。。)

残業はデフォルト

そしてお察しの通り、残業はデフォルトです。

普通に考えて、仕事が終わる訳ありません。

掃除やその他、飛び込みですぐに片付けないといけない仕事。
さらに予約の点検もあるので、1時間ごとにみっちりと仕事が入ってきます。

ディーラーだからこんなに仕事が多かったのかなぁと思いますが、だいたい仕事が押してしまい、どんどん仕事が終わる時間が後になってきます。

そして車検を担当していた人は、人手が足りないという理由で、飛び込みや予約のその日に片付けないといけない仕事をやることになります。

そうなってくると、預かりの車検や修理などは閉店後、つまり残業の業務になってしまうわけです。

とある自動車整備士の1日の流れ

ボクが整備士だったときの1日の流れを参考までに紹介したいと思います。

8:00 出社 着替え 掃除(車出して工場掃除、事務所、店内、トイレなどなど)

9:00 先輩のためのコーヒー淹れ

9:30 ラジオ体操 朝礼

10:00 業務開始(車検や点検)

12:45 お昼ご飯

13:00 午後MTG 業務再開

19:00 残業タイム突入

21:00~22:00 帰宅 営業所全体の戸締まり

いやしんどいわww

ディーラーは激務!専業は?

ということでボクの経験則からディーラーは大変激務でした。

逆に専業に行った友達の話を聞くと、結構ゆるい雰囲気の工場が多いですが、それでも残業することがおおいとはよく聞きます。

正直、営業所次第な部分なので一概には言えないですが、おおよそ時間通りには終わらないのが整備士の仕事です。

て、今の会社って残業あるところがほとんどかな。

なぜ、ディーラーがこんなにも忙しいのか?という話ですが、みんなブランドネームに惹かれてディーラーに修理を出しているという状況だと思います。

基本は8時間労働!しかし残業が多いのは事実

会社ですから基本的には8時間労働の1時間休憩というのは、形式上あるところです。

しかしその身、時間通りで終わらないくらいの仕事量があるので、ほぼ毎日残業を強いられます。

ノー残業デーも設けられていたけど、時間通りに帰った記憶がありません!

1日の残業時間はおよそ2~3時間。

それがほぼ毎日で2時間×5日=10時間

毎週10時間×4週で40時間と、残業時間が出ます。

繁忙期は更に増える残業時間

もちろん!繁忙期ともなると、この限りではないです。

3月や9月が繁忙期になり、一気に仕事が増えるのですが、このときの残業時間は100時間にも迫ります。

毎日日付が変わるくらいまで仕事をして、翌日はいつも通り朝早く。

正直地獄でした。。。

0時近くまで残業になるので、100時間なんて正直言ってザラでした。

特にボクの配属された店舗はとても忙しく、近隣の営業所の中ではダントツで売上を出していたので、それはもうすごい数の車検が入ってました。

なので夜中の1、2時に終わるってことも多々ありました。

整備士の仕事は過酷な上に拘束時間も長い!

整備が大好きな人だったらそれなりに楽しめるんでしょうけど、ほとんどの人が嫌で辞めてしまっているのが現状です。

もっと自由に整備士も仕事ができたらなぁっていうのが、当時のボクが思っていたことでした。

参考までにボクの記事が役立てば幸いです。

アディオス。

2019年4月3日自動車自動車