3級自動車整備士について〜難易度・受験資格・条件・試験内容〜

自動車

3級自動車整備士の資格は整備士として最初に取るべき資格。

所謂、整備士の入り口的な資格になってきます。

と言っても実際は3級持っててもほとんど何もできないくらいなんですがね笑

3級自動車整備士とは?

3級資格は2級、1級を取得していく上での基本的な資格になります。

しかし、3級資格を取るのは必須かと言われればそうでも無いのが実情。

専門学校に通っていれば、3級を取らなくても2級試験の受験資格が得ることができ、3級と取っても分解整備など整備に深く関わる仕事はほとんどできないので、ある意味車の基本的整備知識を身につけるための資格と言ってもいいでしょう。

3級自動車整備士のできること

実は3級自動車整備士の資格を取っても、バリバリに車検をして点検をして、修理をして、という皆さんが思い描く整備の仕事ができません。

3級自動車整備士ができる仕事は「点検整備」「オイル交換」「タイヤ交換」などしかできません。

3級自動車整備士ができないこと

エンジンを分解したり、足回りを分解したり、キャリパーの交換などはできないようになっています。

これらは「分解整備」と呼ばれ、法律が決められており、2級整備士資格から、これら作業ができるようになっています。

3級を取ったからと言って分解整備に該当する整備をやらないように注意してください!

3級自動車整備士の資格の種類

3級自動車整備士には全部で4種類の資格があります。

それぞれ内容が異なるので、3級を取ったからと言って全ての業務ができるようになるとは限りません。

3級自動車ガソリン・エンジン整備士

その名の通り”ガソリンエンジンで動く四輪・三輪普通・小型自動車”の整備ができる資格です。

3級自動車ジーゼル・ガソリン整備士

こちらも名前の通り”ジーゼルエンジンの四輪・三輪普通・小型自動車”の整備ができる資格。

3級自動車シャシ整備士

普通・四輪・三輪小型自動車のシャシ部品の整備ができる資格。

エンジンやボディ以外の整備が可能です。

3級二輪自動車整備士

二輪自動車や原動機付自転車の基本的整備ができる資格。バイクの資格ですね。

以上が3級自動車整備士の種類になります。

ただ、これら三級の資格は分解整備(原動機取外しなど)ができないので、触りの整備しかできません。

本格的に整備ができるようになるには二級自動車整備士を取得してからになります。

3級自動車整備士の資格取得・受験方法

さて、ついに3級の資格取得に関する説明になります。

まず、3級自動車整備士の試験を受けるには条件があります。

3級自動車整備士の受験資格

大きく分けて以下の2つになります。

  • 「認証工場」あるいは「指定工場」での1年間の実務経験
  • 自動車整備関連の専門学校や機械工学科学校を卒業する

学校に通うか、働きながら取得するかで、かなり違ってきます。

例えば自動車専門学校に通っていた場合だと、3級の試験は特に受けずに、そのまま2級の試験を受験することができます(2級コースを選んだ場合)

働きながらだと、普通に就職して仕事をしながら必要な実務経験1年以上を経過した後に試験を受けていく流れです。

受験資格に関しては細かくするともっとあるのですが、主に上記2つをわかっていれば特に問題ないはずです。

受験資格について

3級自動車整備士の試験内容・流れ

自動車整備士の試験には2つに別れます。それが「登録試験」と「検定試験」です。

違いについては別記事で詳しく取り上げているので、こちらをどうぞ

自動車整備士の「登録試験」と「検定試験」の違いって何?

基本は学科→実技

基本的に試験は学科→実技という流れになります。

しかしこれらは全て同日に行うのではなく、学科試験を合格した人が、最後の実技試験を受けれるという流れになっています。

なので学科試験を落とした人はその時点で終わりですし、学科を合格しても実技を合格できないと資格を取得することができません。

専門学校など一種養成施設の課程を修了した人は3級を受ける必要がない

ただ、2級自動車整備士資格を取得するには、3級自動車整備士の資格を取得する必要があるように思いますが、実はそれを飛ばしていきなり2級整備士資格を取得することができます。

一種養成施設という所謂専門学校など2級コースなどの学科ある学校に通い修了すれば、登録試験の受験資格を得ることができます。

3級自動車整備士の給料

さて、それでは晴れて3級自動車整備士の資格を取ったとして、一体どれほど給料が入ってくるのでしょうか?

ここでは平均的な給料について解説していこうと思います。

新卒の平均年収は300万ほど

3級整備士の資格を取得すると平均的に5,000円ほどの手当が付きます。

しかしこれは一般的ではあるものの、比較的これより低いと思ったほうがいいです。

3級と2級との間に給料の差はそこまで大きく無く、およそ5,000円前後が一般的だと思います。

ディーラーとかであれば1級を取って資格手当が10,000円付くというのが一般的だと思います。

そしておよそ月の基本給17〜18万ほどで、これにボーナスが年2回。

新卒の平均年収はおよそ300万前後といった形になります。

自動車整備士の平均年収は350万〜400万

自動車整備士はキャリアを重ねていくことで、資格を取得したり役職が上がったりで給料は上がっていきます。

最終的には年収400万ほどに落ち着くのが一般的な年収です。

基本給はおよそ25万〜、そして年2回のボーナスが貰えるといった感じです。

3級自動車整備士は整備士としての入り口!

一応、3級資格を取得することで、整備士としての仕事はできると説明しましたが、3級は専門学校などに行かずに整備士を目指した場合に取得するべき資格ということになります。

専門学校に通えば2級整備士の資格を取得することができます。

3級整備士の資格勉強は自動車の基本的な知識を付けるのにはちょうどいいので、これから整備士を目指す人は、内容は勉強しておいてもいいかも知れません。

【PR】自動車整備士のための求人サイト

整備士の仕事を探すとき、皆さんはどのように探しますか?

学校に通う人なら求人情報は無限に手に入るので、探すのは簡単ですが、それ以外の人にとっては探すのは困難。

しかも自分の希望にあった会社を見つけるのも大変だと思います。

探しにくい整備士の職探しのためだけの求人サイトというものが存在します。

それがこの整備士JOBSというサイトです。

整備士JOBAS

普通の求人サイトとの違いは、忙しい方でも簡単に就職活動ができるようになっており、面接日時の決定や就職先の連絡などをすべて代行で行ってくれるのが、このサイトの特徴です。

忙しい整備士のための転職・求人サイト。とてもおすすめです。

自動車