ブレーキパッドの基礎知識〜交換時期・費用・方法〜

自動車

「ブレーキパッド」とはディスクブレーキを構成する部品のことです。

この「ブレーキパッド」でタイヤと一緒に回転している「ブレーキローター」という部品を挟むことで得られた摩擦力により車は止まる力を得ています。

ちょうど自転車の前輪ブレーキと仕組みは似ていて、自転車の場合”タイヤ”を直接パッドで挟んで止まっています。

自動車のブレーキパッドは交換部品の中で最も交換頻度が高い部品の一つ。ブレーキパッドは消しゴムのようにどんどん減っていくのです。

今回はそんなブレーキパッドについて詳しく解説していこうと思います。

ブレーキパッドの交換時期

5mm以上3~4mm以下1mm以下
まだ大丈夫交換必須絶対交換!

基本的には3~4mm以下になれば交換するようになっています。

走行距離など目安にすることが多い自動車部品ですが、ブレーキパッドに至っては残量で判断をします。

しかしブレーキパッドの残量なんて一般の人はどう確認すればいいのでしょうか?

交換時期を判断する方法

ブレーキパッドには直接目視で確認しなくてもある程度の残量が判断できるようになっています。

機械式

「パッドウエアインジケーター」という金属がパッドに取り付けられており、パッド面が削れて減ってくると、このインジケータがローターに辺り「キーキー」と音が鳴るようになります。

これによりユーザーに「もう交換時期ですよー」と教えてくれるわけです。

センサー式

こちらはインジケータの金属の代わりにセンサーが取り付けられ、センサーが当たることにより中の電線が切れて、警告灯を点灯させて、ユーザーに残量が残り少ないことを教えてくれます。

約1万kmで1mm減る

ブレーキパッドは1万km走るごとに1mm減るとされています。

新品の状態で10mmなので、だいたい7万km枚に交換することになります。

もちろん、ブレーキの使用頻度により減り方は変わってくるので、あまり交換したくない方は、エンジンブレーキなので節約するというのも長持ちさせるコツだったりします笑

ブレーキパッド交換の費用

さて、ブレーキパッド交換時に掛かってくる実際の費用についてはどのくらいなのでしょうか。

相場は7,000円〜

軽自動車普通車高級車
7,000円8,000円10,000円〜

相場としては上記のように、基本的には1万円以内での交換が可能です。

ディーラーや専業の平均的な料金が上記で、これにブレーキパッド代(2,000円〜)が含まれます。

カー用品店であればもう少し抑えられる

ちなみにカー用品店(オートバックスやイエローハット)であれば5,000円の工賃でやってくれます。

しかし、こういったカー用品店の場合、安い分、自分のお店で部品も頼んでくれた場合に、この値段が適用されるので、持ち込みの方は、普通にディーラーなどに持っていったほうがいいです。

ブレーキパッド本体の値段は?

ブレーキパッド本体の値段はどのくらいなのか?

3,000〜10,000円などピンキリ

安いもので3,000円ほど、こだわると10,000円を超すものもあります。

一般的に整備工場で使われているのは3,000円ほどの純正パーツになるので、値段が安いから粗悪品が多いなんてことはありません。

ブレーキという人命を握っている部品ですからね。質の悪い部品は出回っていません。

自分でブレーキパッドの交換は可能?

なるだけ出費を抑えるために自分で作業がやりたい・・というユーザーの方は少なくないんじゃないかと思います。

実際、ブレーキの作業なんて一般の人がやっていいのでしょうか?

法律上!自分の車であれば問題ない!

自分で所有している車であれば、法律上何ら問題はありません。

ブレーキの整備というのは通常、整備士資格を持っている人でなければ、やってはいけない法律なのですが、自分の車は問題ないのです。

自分で交換はあまりおすすめしない

だが、僕は整備の知識があまりない状態でのブレーキパッドの交換はあまりおすすめできません。

次から交換方法の説明をしていくので、非常に面倒くさいことがわかると思います。

ブレーキパッドの交換方法

ブレーキパッドの交換は工数もかかりますし、使用する工具もたくさんありま

交換する準備・必要な工具

  • ジャッキ
  • リジットラック
  • クロスレンチ
  • 8~14mmのスパナ、レンチ
  • ディスクブレーキスプレッダー
  • ブレーキパッドグリス

いかがでしょうか?

ブレーキパッドを交換するにはそれなりに工具を揃えないといけません。

これを見た感じ、一般の方に作業は難しいなぁって思います・・笑

場所も平坦である程度広いところでないと、十分な作業もできないので、場所もよく選びましょう。

1、車のジャッキアップ

まずは車をジャッキアップしないと始まりません。

この時、クロスレンチでタイヤナットを緩めておいて、リフトアップしましょう。前輪だけ。

ブレーキパッドは前輪なので前だけリフトアップでもいいと思いますが、安全のため四輪とも上げてリジットラックで支えましょう。

必要工具・ジャッキ
・リジットラック
・クロスレンチ

2、タイヤを外す

タイヤは前輪だけ外せば問題ないです。

タイヤを外せばディスクブレーキ一式が見えます。

必要工具・クロスレンチ

3、キャリパーを開ける

パッドを外すために「ブレーキキャリパー」を外さないといけません。

ブレーキキャリパーを外すために12か14mmのスパナまたはレンチを使いましょう。

どっちか片方のボルト(12~14mm)を外せばキャリパーが開くので、キャリパーをしっかり固定してください。

必要工具・レンチ又は、スパナ(12~14mm)

4、古いパッドを外す

キャリパーを外したら、後はパッドを取外していくだけです。

パッドはスライドして取り外せます。

必要工具・特になし

5、新しいパッドにグリスを付ける

新しいブレーキパッドを開封したら、摩擦面とは逆のピストンが当たる面にグリスを塗っていきましょう。

熱などで焼き付かないようにピストンの接地面に塗布していきましょう。

必要工具・ブレーキパッドグリス

6、ピストンを戻す

ディスクブレーキはブレーキペダルを踏むことで、力が伝わって「ブレーキピストン」を押し出します。

そのピストンが「ブレーキパッド」を押すことで、ローターを挟んで制動力を得ています。

そのピストンは、通常時はパッドと密接した状態ですが、パッドの残量が無くなると、ピストンがその分飛び出します。

新品のパッドに替えた時、増えたパッド分ピストンを押し戻さないといけません。

頑張れば??人力でいけるかも知れませんが、相当な力が必要なので「ディスクブレーキスプレッダー」というピストンを押し戻す工具を使って戻しましょう。

必要工具・ディスクブレーキスプレッダー

7、もとに戻していく

あとはここまでと逆手順で戻していくだけです。

やり方が忘れていない内に、組み直していきましょう。

8、ブレーキのエア抜き

さて、一通りパッドの付け替えが終わりました。

ここまでがパッド交換です。

しかし、パッド交換後に必ずやらなければ行けない工程があります。

それがエア抜き。

エア抜きについては「ブレーキフルード」の記事でご説明していますので、そちらを御覧ください。

交換の際は工場へ

これであなたもブレーキプロフェッショナルです。

とまあ、パッドの交換や交換時期の説明をここまでしてきました。

いかがでしたでしょうか?

正直、ブレーキパッドの交換は工場に任せたほうが圧倒的に楽だと思います。

一般の方がやるには準備するにも初期投資がかかるし、何より面倒くさいと思います。

自動車