【MHW:I考察】15周年!歴代看板モンスターは全て新大陸に集結するのか?

2019年6月5日ゲーム, サブカル

いよいよ発売が迫ってきた『モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHW:I)』

PS4で登場した前作『モンスターハンター:ワールド(MH:W)』はハードの向上もあり、グラフィックやシステムなどが一新され、歴代モンスターハンターからかなり進化した。

初代『モンスターハンター(MH)』から『モンスターハンターXX(MHXX)』まで、正直言ってあまり変らないグラフィックやシステムで駆け抜けてきたわけだが、『MH:W』は全く別物のモンハンと言っていいほどの進化を遂げ全国のハンターの度肝を抜いた。

そんな『MH:W』にもいよいよ続編が登場する。それが『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

続々と発表される新情報に一喜一憂ハンターも少なくない。そんな『MHW:I』だが、先日発表された新PVで全ハンター待望(?)のあのモンスターが『MHW:I』の世界に登場した。

ティガレックス参戦!理由はナルガクルガ登場?

もうサムネを見た時点で、このPVを見ないわけにはいかないだろう。

おそらくモンハンシリーズに始めて触れた作品は『モンスターハンターポータブル2nd(MHP2)』だという人が多いと思う。

その看板モンスターだったティガレックスが満を持してアイスボーンの世界に登場だ。

僕も正直かなり興奮したし、綺麗になって帰ってきたティガレックスをみた瞬間、鳥肌が沸いた。夜中にこのPVが公開されたもんだからそれはもう興奮を抑えきれなかったです。

そんなわけでティガレックスの登場が公式に発表されたわけだが、これに関しては正直”予想通り”というのが僕の感想だ。

以前にも書いた『MH:W』の考察記事でも言っているが、『MH:W』では「ラドバルキンとウラガンキン」「ジュラトドスとヴォルガノス」といった感じで”同骨格”のモンスターが2体以上はでるようになっている。

これを鑑みてもナルガクルガ登場の時点でティガレックスが出ない理由は無かったのだ。

次回PVに期待!?次はディノバルド?

言ってしまえば”予想通り”だったティガレックスの登場だが、それでもやはり興奮は抑えきれない。

今回の発表で公開された新登場モンスターは2体”ティガレックス”と”凍て刺すレイギエナ”の2体。

正直、少ない。というか厳密に言うと新モンスターでもない既存モンスターだ。

そしてPV終盤でまたしても新モンスター(?)の登場が予告された。

それが”ディノバルド”

ネットではすでに確定とされているし、ディノバルドらしき影が出たあとに鳴き声と斬撃風攻撃エフェクトが演出されていた時点で、ほぼほぼ確定だと思っていい。

これで歴代の看板モンスターと言われたモンスターが軒並み登場することが決まってきた。

※追記

2019年7月11日公開の公式PV3にて、ディノバルドの正式参戦が発表されました。

そしてPVの最後には・・・?

『MHW:I』で歴代メインモンスターは揃うのか?

『MHW:I』で登場が確定している歴代メインモンスターをまとめてみた。

  • リオレウス(亜種)『MH』『MHG』『MHP』
  • クシャルダオラ『MH2』
  • ティガレックス『MHP2』
  • ナルガクルガ『MHP2G』
  • ディノバルド『MHX』『MHXX』

上記は『MH:W』以前のメインモンスターでまとめているので”ネルギガンテ”や”イヴェルカーナ”はとりあえずノーカウントで。

ここまでほとんどのメインモンスターが新大陸に登場している。

大幅に進化を遂げた新しいモンハンに置いて、モンスターの少なさが指摘されてきたが、開発側もやはり従来(XXまで)のモンスターはほとんど登場させたいという気持ちが感じる。

これを考えると今後は全てのモンスターが登場することは明白だとは思う。

そうなってくると、今作で歴代メインモンスターは全て登場するのか?というのが気になるところ。

今年2019年はモンスターハンター15周年というメモリアルイヤーである。

このタイミングで発売される最新作『MHW:I』でメインモンスターが全員でるのではないか?僕はあえて予想したい(ほぼ妄想と願望の域だが)

ここまでで未登場のメインモンスターについてまとめてます。

  • ラギアクルス『MH3』
  • ブラキディオス『MH3G』
  • ジンオウガ『MHP3』
  • ゴアマガラ『MH4』
  • ゼルレギオス『MH4G』
  • ガムート『MHX』
  • ライゼクス『MHX』
  • タマミツネ『MHX』
  • バルファルク『MHXX』
  • 鏖魔ディアブロス『MHXX』

実に10体も存在する。

ただ、正直なところ『MHX』以降に至っては全登場は厳しい。強いて言えば『MHX』系列のモンスターはとりあえず”ディノバルド”でいいんじゃないか?と思うので『MH4G』までの未登場メインモンスターについて考えていきたいと思います。

ラギアクルス

『MH3』で追加された今はなき水中戦。それを象徴するように追加されたモンスター”ラギアクルス”

『MH3』以降、水中戦が無くなり一生出てくることはないのでは?とハンターに思われていたが『MHX』でまさかの復活。

生まれ変わったラギアクルスは地上戦のみではあるものの、圧倒的戦闘力を見せつけハンター達を追い詰めた。

『MHX』で十分に地上でも戦えることを見せつけたラギアクルスだが、それでも『MH:W』では登場はなく、むしろ技術的な問題が多々あり実装は無しと開発側が断言。さらにアップデートでの追加の予定も無いと名言されていた。

これによりラギアクルスは『MH:W』には登場しないと誰もが考えていることと思う。

正直これに関してもその”技術的問題”がどの程度のレベルなのかわからないので、単純に『MH:W』の発売には間に合わなかったのか?という考察もできるので、もしかしたら登場もあり得るのではないか?と雑に考察してみる。

ラギアクルスが登場したら、同骨格になるであろう”タマミツネ”の登場も有り得そう。

ブラキディオス

ラギアクルスが看板を張った『MH3』と続編『MH3G』のメインモンスター”ブラキディオス”

こいつに関しては登場しようと思えばできそうっていうのが僕の思うところ。

今回のPVで発覚した”ディノバルド”登場によりおそらく同骨格であろう”ブラキディオス”も登場できるんじゃないか?と個人的には思ってます。

容量が問題が、それとも他のモンスターにに登場枠を渡すのかという判断だけなので、決して登場はないとはいい切れないモンスターだと思います。

※追記

PV4にてブラキディオスの登場が確定しました。

前回のPVで、最後に思わせぶりに登場したかと思いきや、新しいPVでサクッと出てしまうところよ。

いやー、ブラキの質感すげぇな!笑

ジンオウガ

個人的には次の発表で登場が予告されそうなモンスターです。

前回の考察記事でも述べていますが、『MH:W』で牙竜種が多く登場しています。

『MH:W』以前までは牙竜種はジンオウガ特有の種族と骨格だったのですが、『MH:W』で多く登場したことにより、登場の線はより濃いものとなっています。

ただ牙竜種で属性は雷を扱うというのはトビカガチがいるので、かなり被ってしまうような気もします。

トビカガチの上位互換的位置で登場しないかな。

ゴアマガラ

実はこのゴアマガラの骨格(通称マガラ骨格)はすでに『MH:W』本編に登場しています。

それが、メインモンスターであるネルギガンテやゼノ・ジーヴァ。

ではあるものの、こいつの狂竜化などのシステム面で言うと、登場するには相当な壁がありそう。

こいつの登場により新大陸がカオスなことになりそうで、登場してもなんか微妙な反応がありそうですね。

個人的には登場してほしいです。

ゼルレギオス

リオレウスに空中で唯一対抗できるということでなにかとライバル関係を出されているので、ワールドに出したら面白い縄張り争いが見れると思うので、出してもいいんじゃないかなって思ってます。

おまけに人里にあまり出現しないという設定上、新大陸にいても違和感もなさそう。

設定的に使いやすいよなぁ

『MHW:I』でお祭り状態になってしまうけど、それもそれで

ここまで『MHW:I』ではメインモンスター総出希望!みたいな感じで書いてきましたが、皆さんはどう思いますか?

僕的には『MH:W』では圧倒的にモンスターが少なく(前作XXと比べるとだけど)、もう少しモンスターの数は欲しいので、メインモンスターを出す体で似た骨格を持つモンスターもどんどん出して欲しいなっていうのが僕の思うところ。

ただ、ティガレックスやディノバルド登場で歴代メインモンスター祭り状態で15周年なので、開発側も狙ってどんどん歴代のメインモンスターはだしてくるんじゃないかなって思ってます。

何はともあれ、発売まであと少し。発表を待って一喜一憂しながら待ちましょう。

アディオス。

人気記事:『モンスターハンター:ワールド』がもはやモンハンじゃなくなって草

人気記事:【MHW:I】後語りと今後の追加モンスター予想・考察

2019年6月5日ゲーム, サブカル