【Uber EATS始め方】これからUber EATS配達員を始める人が知っておきたいこと【事前準備】

未分類

休みの日にちょっとした副業を始めたい。もう少しだけ生活費が欲しい、と考えている人でUber EATSを始めてみようと考えているみなさん!

Uber EATSのアプリを取ったものの、よくわからない・・・。という方も多いと思います。

そんな方のために、この記事ではUber EATS配達員としての始め方や、登録方法などを解説していこうと思います。

Uber EATSへの登録方法

Uber EATSの配達員として登録するには以下の手順からできるようになります。

1・公式サイトからアカウント作成

2・パートナーセンターで本登録

ここからはより詳しく解説をしていきます。

1・公式サイトからアカウント作成

https://www.uber.com/a/signup/drive/deliver/

まずは公式サイトにてアカウントの作成をしていきましょう。

「自分の名前」「電話番号」「パスワード」「配達する都市(エリア)」をそれぞれ登録していきます。

招待コードというのは、Uber EATSをやっている知り合いなどがいたら、その人の招待コードを入力することで、商隊ボーナスとして、新規登録してくれた方に3〜6万のボーナスが貰えるようになります。

以下の招待コードを入力するとあなたも、ボーナスを受け取ることができます!

招待コードppbkpqkyu

※ボーナスを受け取るには50配達を達成する必要があります。(本登録後90日以内の達成)

配達する乗り物を「自動車」「バイク」「自転車」から選択

原付バイクや自転車を使う人がほとんどだと思います。

理由としては、小回りが聞いたり、都心であれば原付バイクや自転車であれば、小道などでも小回りがきくので、配達が早く済むという利点があります。

自分もおすすめは自転車です。

最近ではシェアサイクルなどが、街の各地に設置されているので、それらと契約して使っていくほうが圧倒的に便利です!

※軽自動車またはバイク(125cc超)の注意点

自動車での配達できるようになったのですが、これらには条件があり

軽自動車の場合は黒ナンバーのもの

バイク(125cc超)の場合は緑ナンバーのもの

でなくてはいけません。これらは貨物運送取扱事業などの法律にふれるため、自家用車での配達ができなくなっています。

車での配達を考えていた人は、これら注意点をよく理解して登録するようにお願いします。

必要書類の登録

あとは身分を証明するための書類のアップロードや、プロフィールに使う写真のアップを済ませて”仮登録”は終了です!

先程選択した”使う乗り物”によって必要な書類が異なってくるので、事前に準備しておくとスムーズに仮登録が済みます!

それぞれの乗り物に必要な書類は以下にまとめていきます。

自転車

  • ・プロフィール写真
  • 身分証

原付きバイク

  • プロフィール写真
  • ナンバープレートの写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書

軽自動車またはバイク(125cc超)

  • プロフィール写真
  • ナンバープレートの写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 任意保険または共済保険の証明書

以上が各乗り物における必要な書類になります。

ちなみに外国籍の方は「パスポート」「在留カード」が必要になりますので、こちらも注意が必要です!

アプリをダウンロード

最後にプロフィール写真を撮影したら、仮登録は終了です。

あとは、自分のスマホにUber EATSのアプリをダウンロードしましょう。

これから配達をする上で、必須になってくるアプリなので必ずダウンロードをするようにしてください。

ネット上での登録はここまでです!

ネットでの登録は以上になります。

この状態で、Uber EATSの方に自分の情報が登録されたことになります。

あとは、近くのパートナーセンターへ本登録をして、必要なアイテムを貰いにいきましょう!

2・パートナーセンターで本登録

ネットでの仮登録が完了したらお近くのパートナーセンターへ足を運んで本登録を済ませましょう。

ここで、配達バッグなどが支給されます。そこそこ大きなバッグなので、場合によっては気をつけた方がいいです。。。

パートナーセンターは現在全国に9箇所存在します。

※リンクから場所などの詳細が開けます

東日本エリア

西日本エリア

同時に上記9エリアが現在、Uber EATSの配達が可能なエリアとなっています。

パートナーセンターでの本登録はおよそ30分ほどで終わります。

登録会場についての詳しい案内等は以下からご覧いただけます!

Uberパートナーセンターの案内

本登録の際に必要な物

サイトでの仮登録が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

そこに必要書類など、持っていくべきものの案内があります。

登録した各乗り物に必要な書類や身分証明書などです。

銀行口座の登録もそこで、行われるので、キャッシュカードや通帳なども忘れないように注意!

Uber EATSの配達エリア

現在、Uber EATSが利用できるエリアは全9エリアになっています。ここでは各都市ごと、詳しいエリア範囲をまとめていきます。

東日本エリア

東京エリア

東京23区+八王子市、町田市、武蔵野市・調布市・三鷹市・狛江市・西東京市・東久留米市・小金井市・府中市

千葉エリア

千葉市(美浜区・花見川区・稲毛区・中央区)、習志野市、浦安市(南部)

埼玉エリア

さいたま市、大宮区・浦和区・中央区(南区)、戸田市、蕨市

横浜エリア

横浜・川崎

西日本エリア

大阪エリア

全区

京都エリア

京区、中京区、下京区、東山区、右京区、南区

神戸エリア

中央区、兵庫区、灘区、長田区、須磨区、東灘区、芦屋市、西宮市

名古屋エリア

中区、中村区、西区、北区、中川区、東区、熱田区、千種区、昭和区

福岡エリア

博多区、中央区、南区、城南区、早良区

まとめ

Uber EATSは手軽にできる副業として人気のある業種です。

中には、コレ専業で稼いでいる人もいるほどです。

ある程度慣れてきたら、Uber EATSのコミュニティなどを探して、より稼げるようにもなれます。

自分も現在、このUber EATSでお小遣いを稼いでいるほどです。

Uber EATSの他の記事はこちら

未分類