ブログがオワコンになりつつある!という宗教

2019年10月9日SEO, ブログ

最近有名ブロガーの方々が、こぞって「ブログはオワコンだ!」と発信している。

確かに、ここ最近のGoogleのアルゴリズムアップデートを見ていると、軒並み検索で上位を締めていた記事が大幅に下がって、サイトの収益が半分以下になったという話をよく聞く。

かく言う僕も、仕事で色々なサイトの運営などを手伝っているわけなんですが、まじでどのサイトも大打撃を受けている。

特にYMYLに関わってくるジャンルがどれも、潰れている。

YMYLとは

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語でGoogleの検索品質評価ガイドにて言及されている用語です。

参考:https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf

要約すると「お金、法律、健康など人の生死、生活にかかるコンテンツ」のことを言います。

健康系は医療系の他、ダイエットや精力剤、育毛など。お金は最近だと仮想通貨系も含まれます。

僕の手伝っていたサイトはダイエットや精力剤、仮想通貨なのですが、どれもサイト潰れました!笑

一時期月3000万売り上げていたのが、アップデートの食らった月に一気に100万以下まで落ちてしまい、続けるのが困難になってしまって、悔やまれながらもサイト閉鎖になりました。

もし自分でサイトやっていたら、立ち直れなかったかも知れません。

ブログだけじゃなく、最近のSEO対策はかなり慎重に先のことを考えていかないと、長生きするのは無理なビジネスなんだなと思ってきました。

ブログはオワコンになりつつあるという一派について

ということで、本題になるんですが、最近色々なブロガーの方が「ブログはオワコン」と言っています。

結論として、僕はこれは「ない」と思っています。

確かに肌感的に、今までビックキーワードを取れて稼げていたKWはどれもGoogleのアルゴリズムアップデートを食らって落ち込んでしまっています。

それらは先に言っていたようなYMYLに関わってくるものばかりを先に、Googleは手を入れていっています。

結局、Googleが求めるとことが、そういった人の生活をインフラとなる情報をちゃんと伝えたいみたいな所謂「ユーザーファースト」であることを重視しています。

Googleはユーザーファーストであることを重要視しているところを鑑みると、やっぱりブログなど個人で書いている濃厚な記事の方が、Googleは好むんじゃないかなと思っています。

濃厚かつ情報量がたくさんあったほうが言います?

ここからはSEO対策の話になってしまうのですが、Googleはユーザーの求めている情報をすぐに出せるように鳴っていると思います。

例えば「アボガド カロリー」と調べればすぐにカロリーが表示されるようになっています。

その下に、アボガドのカロリーは?といった記事がありますが、正直この記事までたどり着く人は、かなり少ないように思います。

だって、アボガドのカロリーがすでに表示されているのですから、わざわざ記事を開くところまで、たどり着くことはないはずです。

と、考えたら、次にユーザーが必要だと感じるのは、より”濃い”情報になると思います。

例えば「〇〇100選」といった大量に商品が紹介されている記事です。

色々なブログの人気記事などを見てみると、こういったまとめ系記事の大量にセレクトされている記事の方が、人気記事に入る傾向があるように思いました。

こういった、マニアックかつオタク気質な記事のほうが、ユーザーは信ぴょう性もあって読んでて楽しんだと思います。

ジャンル選びも大事

今まで人気のあったビッグKWは「ダイエット」や「育毛」「仮想通貨」など、アフィリエイトで高単価なものが多かったです。

しかしそれらは前述したYMYLにより、上位表示されるのは専門的なサイトや商品サイトなどが上位になってしまっています。

なので、今度狙うとしたらもっとコアなキーワードの方がいいのかなと思っていたりします。

ファッション、アパレルなどであればマタニティコーデ専門とか面白そうとか考えていたりしました。

コンプレックス系はクエリあるんじゃないかなって思ってたりする。

低身長や高身長など。

SNSなどもで、ネットのモデルが来ていたように服が着れない、みたいな自虐ツイートを見ますが、あれをちゃんとその人に会うように伝えられたら、そのサイトはかなり価値が出てくるように思います。

こんなふうに、よりマニアックでコアな方向でブログを展開させたら、結構収益は狙えるんだと思ってます。

んで、意外とこういったところって企業、会社は嫌っています。

会社などある程度人が集まると、どうしても万人向けの方にシフトしてしまうので、一コンテンツとしてマニアックネタもやる、みたいな感じで、専門的に慣れていません。

そういった狙いにくいところは個人のブロガーの方が強いんじゃないかと。

ブログはまだまだあるぞ!

ここまでさんざん偉そうに語りましたが、僕のブログは雑記なので、完全に検索に依存しています。

一番大きい収益が転職系で自動車整備士の転職アフィが一番収益大きいです。

ただ、これだけでも月に10〜20万くらいの収益になっているので、やっぱりコアなところを狙ったほうが稼げるなって印象です。

今更大手の転職サイトのアフィとかやっても多分僕のブログでは無理です。

というわけで、ブログで50万と夢見て頑張ってみましょう。

2019年10月9日SEO, ブログ