「お金が欲しい」という人に限って何もしない

副業

ここ最近「副業」という言葉が流行っていて、「副業」を取り扱ったコンテンツなども結構伸びていたりする。

世間的には副業解禁の流れから、いろいろな人が副業を初めているという人が増えています。

しかし、どうにも僕の周り(地元や高校の友だちなど)はまったく、副業というものに興味を示しておらず、本当に「副業」というものが浸透しているのか?と疑問に思う。

「お金が欲しい」「金持ちになりたい」と口癖のように言う友人Aがいるのだが、彼に合うたびに僕は副業を勧めている。

それこそブログや、動画もそうだし、競取りも勧めた。

ブログや競取りは僕が経験しているので、それらの話をするのだが、どうにも興味を示してくれず、やっぱりまた合うと「金が欲しい」とつぶやく。

おいおい、お前は本当に金が欲しいのか。

むちゃくちゃ疑問に思うのだが、僕が思うに副業をやるような人は2割とか、非常に少ないんだなぁと思った。

お金作る時間よりも無駄な時間を優先

友人Aの話を例にすると、彼は多趣味で所謂陽キャタイプ。

休みの前日は飲みに行って、シーズンがくれば海に行ったりスノボーに行ったりしている。

遊ぶことが多いから、その分出費も多くなって、それが金が無くなる一因にもなっているのだが、”遊びにいきゃなきゃいい”という極論は一旦置いとく。

単純にお金が欲しいのであれば、遊ぶ時間を削って副業に専念する時間を増やしたほうがいいんだけど、結局そいつにとってはお金よりも自分の時間が大事だということだ。

副業副業と世間は言っているが、非常にふわっとした表現でもあるなと思ってます。

そりゃあ、本業とは別の時間を使ってお金を稼ぐわけだから、遊ぶ時間は減ってしまいます。だけど、ここは絶対に乗り越えなきゃいけないとこだと思います。

僕の場合は、このブログの収益で月10万〜多いときで20万くらい入るときもあります。

なので、ちゃんとした副業、収入源を確保すればちょっと働けば、なんとか生きていけます。

あと、生活水準を上げないことと、貯蓄することは大事。

そんなわけで、最初のうちは副業に時間を使うのはしょうがないこと。

たぶん、サラリーマンとして働いていると、この感覚を体験することがないので、動きにくくなるんだと思います。

すぐに結果が出てこないから、諦める人も多くて、アルバイトとかに走って結局疲れて続かなかったり。

お金が欲しい人は短絡的な考えになるから注意!

ということで、「お金が欲しい」という人は、目先の利益に飛びつきがちです。

これかなり要注意で、最近でいうと”裏バイト”なるものがあるんですが、それに飛びついて犯罪に手を染めてしまうケースもあります。

Twitterの「#裏バイト」で10代が詐欺の“受け子”に–SNSバイト募集の実態

https://japan.cnet.com/article/35143395/

副業=楽して稼ぐものという考えの人も一定数いて、こういった犯罪に加担する裏バイトが蔓延しています。

怖いことにSNSなどで調べたらいくらでも見つかるので、手軽にできてしまうというが怖いところです。

似たような話で、詐欺にあってしまうケースも多くない。

初回で30万払う必要がある。などのビジネスはまず”ハズレ”です。

意識高い系インフルエンサーがよく「自己投資しよう」みたいなことを言っていて、それを履き違えて、ビジネスを始めるに当たって、いくらかお金を払うのが前提と勘違いしている方もいますが、最初に大金払う系は”詐欺”であることが多いです。

同じようにマルチ商法も良くない。あれはやってる人がビジネスのイメージを下げるタイプのビジネスだから絶対に成功することはありません。本気で1%くらいの確率だと思います。

お金を稼ぐ=働くという考えから一旦離れる

お金は働かなくても稼げた。

寝ていても稼げる方法はいくらでもあるという話で、僕自身、そんな驚くほど稼いでいないですが、月に同年代が貰っている給料分はブログなどから収入がるので、寝る時間が非常に増えた。

周りから見れば”怪しい”と言われますが、僕はこの生活をしたいがためにここ3年くらいWEB上で頑張ってきた。

有名インフルエンサーにならなくても、それなりに広告収入とかで生活している人もいます。

多くを望まなければ、楽して稼ぐことは可能ということです。

このブログでいうと水商売的な感じですが、10〜20万ほど。

収入は安定していないが、もう+10万くらいを稼げるようにフリーランスとして、仕事もしています。

でも1日の作業時間は3〜4時間くらいなので、あとは寝るなりゲームするなり自由になります。

僕の場合がここまで、3年かかりました。正直めちゃくちゃローペースです。

早い人は半年で50万とか稼げる人もいるので、ちゃんとした副業を始めれば青天井で稼げることができます。

ここらへんについては、副業についてまた別の記事で書いていこうと思います。

そんじゃ

副業