リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと

ビジネス

僕がブログを初めた理由は「ノマドワーカーになりたい!」というのが始まりだった。

自分の好きな時間に起きて、好きな場所で仕事をする。

まさに夢のような話ですが、僕は現在こんな感じで仕事をしています。

夢見た場所までとりあえず辿り着いたと、実感のないままノマド的な日々を過ごしています。

さて、そんな夢の生活を手に入れた僕ですが、思った以上にデメリットが多いんじゃないか?と思ったので、僕の現状からリモートワークのデメリットを説明しようと思う。

リモートワークとはなにか?

まず、リモートワークについて説明していこうと思います。

文字通り「遠隔で働くこと」という意味で、普通仕事というのは、オフィスに通ってデスクに座ってPCで仕事をします。

そういった縛りが無くなって、PCさえあれば家で仕事していいし、好きなカフェで仕事をしても大丈夫です。

コミュニケーションはチャットツールやSkypeで事足りるので、正直ほとんどの仕事がオフィスに行く必要ないんじゃないか?と思っています。

まあ、たまにオフィスには顔を出すので、たまーにいくんですがね。と言っても月に1度とか。

ノマドワークとの違いとは?

ほとんど同じ意味になるかなと思います。

「ノマド=放牧民」という意味を持ち、場所に縛られずに働けることを言います。

自分の働き方

僕の場合は、一応固定の会社から仕事を頂いて、それを家ないしカフェなどで作業をしています。

それでも業務委託として仕事を受けています。

なので、一般のサラリーマンのように固定給を貰っているよりも、固定給(10万)+インセンティブという形で契約を結んで仕事をしています。

なので、働き方次第では、社員以上に稼ぐことは可能です。

こう見るとどっちかというと”ノマドワーカー”という部類になるんですかね?

実際、場合により他社の仕事とかも受けたりするので、ほとんどフリーランスだなという自覚になっています。

リモートワークの仕事内容

僕の仕事内容は、主にウェブサイトの管理・運営です。

外注ライターさんの管理や、サイトの売上を上げることを目的としています。

月々のサイトの売上ごとに僕に入るインセンティブも変わってくるので、モチベーションはそれなりに高くなります。

いわゆるWEBディレクターといった仕事です。

僕の場合が少し特殊ですが、リモートワークする仕事の内容といえばWEBデザイナーやエンジニアなどが多いでしょう。

リモートワークのデメリット・メリット

僕はリモートになって半年経とうとしているのですが、これが中々オフィスに通っていたときと環境がだいぶ変わりました。

それではリモートワークのデメリット・メリットについてまとめていこうと思います。

リモートワークのデメリット

リモートワークのデメリットとして生活面や意外と作業環境が縛られたりします。

最もでかいのは生活面、健康面ですかね・・・w

1,生活リズムの乱れ

リモートでタイムカードツールを使って時間管理している企業もあるそうですが、僕の場合は、業務委託なので、自由な時間に働いてOKになっています。

そのため、人によっては生活リズムが大幅に狂う人が多く出ます。

僕の場合、元々夜型というのもあって、基本的に早朝5時くらいに寝る生活が続いています。

これ、一度生活リズム崩れると、中々戻せません。というかいくら夜ふかししても出勤もないので、ついつい寝るのが遅くなってしまいます。

僕の仕事時間は夕方の16時〜19時までやって夜ご飯を食べて休憩を入れて22時くらいから2〜3時くらいまで仕事をします。

そんなこともあり、かなり生活リズムが狂っています。

え?起きる時間?12時位です。

それと肝心なときに連絡が取れないこともあるので、正直ちゃんとした生活リズムで仕事したほうがいいです。

2,外に出ない

最初こそ、気取ってカフェとかに行ってMac開いてドヤ顔!みたいなことしていたんですが、さすがに何ヶ月も同じことしているとだんだん「これ、カフェに移動する必要なくね?」という境地に達します。

スタバのコーヒーは高いし、お腹空いてもサンドイッチとか無いので、ガッツリ食べるには近くのラーメン屋とかに行ったりしてと、結構飲食費がかさみます。

それと交通費。

夏の日はほとんど外に出ることなく、冷房の効いた部屋に引きこもって、ゲームやって仕事やるという自堕落な生活を過ごしていました。

おかげですごい体力落ちましたし体重も増えました。

会社勤務であれば、通勤で歩いたり、電車で立ったりとそれなりに運動量はありましたが、完全在宅になってしまっては、自発的に運動をしないといけません。

最近涼しくなってきたので、ランニングを始めたのですが、もっと早めにやっておけばよかったと後悔しています。

3,孤独

カフェで仕事しようと、家で仕事しようと誰とも喋らないで1日が終わることもあります。

内向的な人にとってはいいかなと思いますが、僕はこれにより口数が減った。

というかマジで喋らなくなったので、滑舌がより悪くなった。

なので、定期的に会える人はいたほうがいいなと思いました。

4,連携が取れないために止まる仕事も出てくる

正直仕事として、致命的な問題ですが、連携が上手く取れなくて仕事が進まないってことも多々あります。

こうなると、生産性も落ちますし、やる気もなくなります。

僕は、間にもうひとり代理の人を設けて解消していますが、何かしら対策しないと、自分の業務も相手の業務も進みません。

なので、上手く仕事が回る仕組みは作っておいた方がいいです。

5,Wi-Fiや電源に依存した作業環境

僕らの仕事ってWi-Fiが無いと仕事ができません。

カフェを探すにしても「Wi-Fiが使えるか?」「電源はあるか?」というのが非常に重要になります。

スタバは両方あるんですが、人気のため席が埋まっていることがあるんですよ。

そうなってくると、予備の作業用カフェを探さなければいけません。

こうなってくると非常に面倒。

土日とかだと、結局場所が見つからず家に帰るってこともありました。

リモートワークのメリット

続いてメリットについての説明です。

まあ、正直メリットが大きいからリモートで仕事したほうがいいなぁって思っています。

仕事のスタイルって人それぞれで、オフィスに通って仕事した方が生産性上がる!て人は、無理にリモートなんかしなくていいと思います。

1,通勤時間の消滅

正直これめっちゃでかいと思ってます。

僕は満員電車が苦手で、かつ通勤に1時間かけていたので、この往復2時間が1日のサイクルから無くなったことは、人生においてもアドだと思ってます。

平気で通勤に2時間かけている人も多いですが、一度無くなってみると、この通勤時間がどれだけ無駄だったかを痛感します。

この浮いた時間で、自分の好きな時間に使うことができるんですよ。

2時間ゲームできる時間増えるし、2時間寝る時間増えるんですよ。

この通勤時間の消滅は非常にでかいなと思います。

2,睡眠時間めっちゃ増えた

僕はめちゃくちゃロングスリーパーで10時間とか余裕で眠れます。

僕にとって睡眠はめちゃくちゃ大事で、5時間とかやると一気に生産性が落ちます。

なので、どんなに忙しくても8時間は寝るように決めています。

決めるって普通に会社に通っていたら難しかったけど、今となっては自由に寝る時間を定められるので、僕は寝たいときに寝て、置きたいときに起きる生活をしている。

おかげで起きてすぐに仕事を初めてそっから3時間とか余裕でバリバリ集中して仕事することができます。

3,生産性がめっちゃ上がる

ということで、生産性がめっちゃ上がります。

僕の場合は、一度集中したら過集中モードに入るのが仕事をする時の最強モードなのですが、誰にも邪魔されなければ、自分のペースで仕事ができるので、この働き方はめちゃめちゃ合っていると思った。

オフィスだったら、不意に人に声をかけられて集中が途切れたりするので、また過集中モードに入るまで時差があります。

なので、僕のように過集中に入っちゃう人は、リモートワークがおすすめです。

どう考えても仕事がやりやすくなる。

報酬も出来高制なので、こっちのほうがいいのかも知れません。

4,プライベートの時間が増える

僕の場合ですが、仕事の出来高次第で報酬が変わるので、時給とか関係ありません。3時間で成果がだせれば1日の仕事もそれで終わりでもいいのです。

なので、自分の時間が増えます。

ブログ書いたりゲームやったり。

おかげでめっちゃくちゃゲームやってました。最近はゲームやることないので、ブログに専念している感じです。

リモートワークを導入している企業ってどんなとこ?

ここまで読んで「自分もリモートワーク」で仕事してみたい!と考えた人も多いと思います。

僕の場合ですが3年ほど会社で働いて、それなりに自分のポジションを確率したので、リモートワークの時の交渉も簡単でした。

エンジニアやデザイナーなど、元々スキルがある方は、最初っから業務委託で受けれる仕事を探したほうが早いです。

ですが、ほとんどの人が、プログラミングできないし、デザインもできないって人がほとんどだと思います。

僕の事例で話すとIT系のベンチャーは比較的リモートで仕事をしていい!という会社が多いです。

そりゃITですからね。PCさえあればどこでも仕事できますから。

僕は”第二卒エージェント”という転職サイトで今の会社に転職しました。

ベンチャーの採用も合ったり、転職する人に向いた求人が多いので、そこで僕は気に入ってここでずっと探していました。

自分もリモートできる仕事に就きたいと考えていたら、ぜひ利用してみてください。

もちろん、いきなりできるかは職場によるので、その見極めは求人で見つけるのは難しいです。

僕は会社でリモートをやっている人はいなかったですが、交渉でなんとかなりました。

そんなわけで、ベンチャーに入るのは結構おすすめです。

自由な働き方を探そう!

僕は現在、この働き方で結構幸せです。

仕事以外の時間も増えて、プライベートも充実したし、人間関係のストレスも全くありません。

あとは自分のスキル次第で稼ぐので、ほとんどのフリーランスとして働いています。

皆さんもリモートで仕事できる会社に行きたいと思ったら転職を考えてみたり、会社に交渉してみるのもありだと思います。

アディオス

コメント

  1. chloroquin より:

    chloroquin

    リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと | 生意気

  2. viagra prices より:

    viagra prices

    リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと | 生意気

  3. best places to buy generic cialis

    リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと | 生意気

  4. tylenol at walmart

    リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと | 生意気

  5. albuterol inhaler

    リモートワークは実はデメリットばかり?半年ほど近くやって思ったこと | 生意気

タイトルとURLをコピーしました