【5G時代】自動車整備士は絶対知っておくべき「自動運転」のレベルとは?

技術・メンテンナス, 自動車

来たる5G時代。車の世界も大きく変わってくるようになります。

その1つが「自動運転技術」の進歩です

整備士の人はアナログな方が多いですが、この「自動運転技術」だけは理解しておくべきです

ということで、この記事ではわかりやすく自動運転についてを解説していこうと思います。

自動運転技術のレベル

「自動運転技術」には”レベル”というものが存在していて、レベルによってどういったところが自動運転になるのかが変わってきます。

図の方に記載していますが、レベル0〜2までが主にドライバーがメインで運転して部分的に制御するもの

レベル3〜4までがほとんどをシステムが制御して運転することのできる車

そしてレベル5が、みんなが想像するタイプの完全自動運転です。

いま、世界中のメーカーがレベル5の車を作るために、レベル3〜4の車を作り始めています。

最近だと2017年にアウディがレベル3の「A8」を発表して少し話題になりましたね。

時速60キロ以下の高速道路(特定条件下)での自立運転が可能というものです

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a8/a8.html

このように徐々にですが、自動運転の車が増えてきています。

レベル0〜2まではドライバー主体の制御

自動運転のレベルについてより詳細に解説していきます。

まずは「ドライバーが主体」となって運転することができる「レベル0〜2」までのレベルについてです。

レベル0

レベル0は自動運転の機能が一切付いていない車

つまり普通の車です。間違いなくこちらの車を乗っている人は現在多い。

レベル1

レベル1は「アクセル・ブレーキ・ハンドル操作などを部分的に行う」自動運転になります。

機能で言うと「自動ブレーキ」や「ACC(アダプティグ・クルーズ・コントロール)」などの自動追従システムなんか、このレベルに当てはまります。

車線をはみ出さないようにする「LKAS」「自動駐車」なんかもコレです。

これらシステムがどれか1つだけ搭載されている車を「レベル1」としてカテゴライズされています

レベル2

レベル2は「レベル1要素を含んだもの(ACC+LKAS)」や「自動で前の車を追い越す」高機能なものを指します。

ここまでは、運転補助としての役割が大きく、運転者が基本的な動作を行い、部分的に行うという表現がされています。

レベル3〜5が自動運転

レベル3〜5までが、ほとんどの操作を自動運転のシステムが行うもので、段階的に運転者が介入しない様になっている。

レベル3

ほとんどの運転をシステムが制御しているが、状況次第では運転者が介入できるようにしなければいけません

ただ、自動運転と呼べるかは微妙なところなので、このレベル3を飛ばしてレベル4の開発しているメーカーがほとんどだったりします

レベル4

特定の条件下で、自動で運転できる技術のことを指します。

特定に条件とは「高速道路」や「山間部」「一部地域」のみで自動で運転ができるようになる機能です。

なので、世界中どこでも自動運転というわけではありません。

運転者は乗っていないといけない状況なので、完全無人で運転できるというものではありません

レベル5

そしてこのレベル5が「無人で目的地まで自動で運転する車」になります。

これが最終的に目指している自動運転の形で、未だ実現できていないレベルです

レベル4まではベンツやUberなどが作って、一応できているが実用化にはまだ至っていないというレベルですし、レベル5の実現には自動運転技術の他にも、道路法の改正や道路などインフラが整ってからでないと、日本でも実用化は難しいという状況になっています。

自動運転技術が進むのは2020年から?

TOYOTAがレベル3相当の技術「Highway Teammate(ハイウェイチームメイト)」を2020年頃には実現することを目標にしており、日産はレベル3の「プロパイロット3.0」を2020年目安で開発することを高原しています。

このように、日本のメーカーでも徐々に自動運転実現に向けて動き出して来ています

その間に日本のインフラが整うをも待って一気に自動運転が展開されていくはずです。

実際にTOYOTAは「もう車を売りません」と断言しています

トヨタがクルマを売らない新サービス、「気楽に楽しくクルマと付き合って」

また2019年のモーターショーで、TOYOTAブースは新車を展示しませんでした。

これの意味するところはもはやモーターショーで新車を発表していくよりも、”車を使った”サービスを展開していくのが、これからの自動車メーカーの戦い方だと言うことです。

カーシェアリングが、自動運転車で済むようになり、車を自己所有しなくなる時代が必ずやってくるということ。

自動運転技術としっかり向き合って整備士としての生き方についても考えなければいけません

人気記事:【転職先はこう探せ】自動車整備士を辞めたい人達へ〜転職に向けての指南〜

人気記事:【就職・転職】自動車整備士・メカニックのための求人情報まとめ【整備士辞めたい】