高卒でもカーディーラーに就職できる!普通科関係なく就職は可能!

自動車, 自動車整備士

結論から言うと営業、サービス問わず、高卒でもカーディーラーに就職できます。

カーディーラーと聞くと、就職が厳しいイメージがありますが、そんなことはなくむしろ逆

最近のカーディーラーはどこも人手不足で、むしろ”高卒の人でも雇うようになった”というのが、本当のところです。

深刻な人手不足から高卒の人でも採用するように

整備士が不足しているという話はよく聞きますが、そもそもディーラーの営業も人手不足により常に人を欲している状態になっています。

なので就職自体はとても簡単です。

現に僕が某ディーラーに就職した当時(2016年)は、高卒の子が同期という自体になっていました。

僕が就職した某ディーラーは、その年から高卒採用を初めて、いわば高卒組1期の子たちが入ってきていました。

サービス、営業問わず、大卒の人たちと同じくらいの人数を採用

高卒でもディーラー来れるんかい!と思いましたが、同時にそれくらい人がいないことを感じた

しかも、高校もバラバラでみんながみんなが優秀な高校からではなく、正直言って底辺みたいな高校からの就職もあった

そのくらいディーラーへの就職は簡単なんです。

面接はどんな感じ?

結論、学校でやるような面接練習をやっておけばとりあえず大丈夫です。

はっきり言って僕は面接の時、かなりリラックスしてラフな感じで受け答えしてました。

「あ、なんかこれだめっぽい」

と思ったものの結果は合格

僕の他に3人受けていたのですが、みんな合格です

拍子抜けもいいところで、むしろ落ちたやついるの?ってくらい楽勝な面接でした

入社後、同期のみんなに聞いても、やっぱり同じ学校で受けた人はみんな受かってるとのこと

とりあえず数を取るだけ取っている可能性もあります。

なぜこれほど合格率が高いのか?

辞める人が多いので、年々人不足になってしまっているのが、ディーラーの闇です

実際、僕含め僕の同期の人間で残っているのは半分も満たないくらいになっているみたいです。

3年で

そのくらい、カーディーラーは離職率が多いのも理解しておくべきです。

こういった理由には所謂、労働環境や給与形態が最も大きいところです。

まずサービス、営業問わず残業はほぼ毎日あるものと思っていいです。

サービス(整備士)をやっていた僕は月に50時間以上の残業はありました。

営業も同様に夜9時位まで残っていたり(定時は19時)

それだけ働いても給料は手取りにして18万程度

営業も同様ですが、営業の場合はまだ車を売ればインセンティブが入ってくるのである程度モチベーションにはなると思います。

ちなみの1営業所で約5人以上の営業がいて、月の車の販売台数は2台ほどが平気です。

売れません

営業の普段の仕事は車を売るというよりも、購入済みのお客さんに整備メンテの訴求をして整備の仕事を入れることになります

これにより結果、整備士は残業が増え、かつ営業もその処理に追われるという悪循環にハマります。

どれだけ仕事しても稼げない

これが辞める理由の最も大きいところだと思います。

就職は高卒でもできるくらい簡単だけど離職率は高い

高卒の子でもカーディーラーへの就職は可能だけど、離職率は高い

その理由は労働環境の劣悪、給与体系などがあります。

もし、カーディーラーは給料が多い

あの大手のTOYOTAや日産の会社だろ!?

て思ってるなら直ちに考えを改めてください

一般的にTOYOTAや日産、HONDAと言われるところは”メーカー”

工場を持っているのは”ディーラー”でその会社は日産から看板を借りているフランチャイズみたいなものなんです。

なので、これからカーディーラーの就職を考えている人はよく考えて行動しましょう。

アディオス

関連記事:【給料安い】整備士がなぜ給料上がらないのか?仕組みを解説していく

関連記事:【元整備士による】カーディーラーの実態について元ディーラー整備士が語る

自動車, 自動車整備士