ディーラー就職する時の面接がめちゃくちゃ簡単だった件【志望動機なんて何でもいい】

ビジネス, 就職・転職, 自動車整備士

僕が某ディーラーに就職したのが約3年前のこと

就活の時期はめちゃくちゃ履歴書を書いたり、毎日遅くまで学校に残って面接の練習をしていたりしていた

それなりに就活生っぽいことをして、僕は某ディーラーの就職を目指していました。

僕の他にも3人、同じディーラーを目指す同級生がいたのですが、みんなで一緒に面接練習したりして「頑張ろう」みたいな雰囲気になっていたと思う

そして面接当日

それなりの緊張の中、面接が無事終わった

一緒にいった友達は「めっちゃ受け答え吃った。落ちたかも・・・」なんてネガティブになっていたけど、結果としてみんな合格しました

ディーラーは人手不足なので片っ端から採用してる説

あまりにあっけなく合格してしまったので、面接の印象があまりに薄くなってしまった

面接自体は練習の時と変わらないことで

「この会社を希望した理由は?」

「在学時に頑張ったことは?」

など、当たり障りのない質問ばかりで、それに答えるだけ

無駄に用意した受け答えの数々を消化することもなく、約10分ほどで面接は終了した

そして入社してからの研修時、同期たちからも「落ちたやつがいない」という話を聞いて

「あ、コレ片っ端から採用してんのな」と思ったのである

これについては、ディーラーの人手不足が原因でまさにディーラーの闇であることは明白

現にディーラーで働いてみると、どこの営業所も人が足りなく仕事が回らなくなっていたので、とりあえず人を雇え!方針なんだと思いました。

外国人、高卒も雇う始末

どれだけ人がいないのか?

外国人整備士、高卒の子達を雇うなど、とにかく人を確保することに必死になってきてしまっている。

そんなディーラーがほとんどなので、結論面接にそんなに力を入れなくていいということになる。

面接ノウハウ、攻略法など色々調べると出てきますが、はっきり言ってディーラーに関しては、そこまで力入れなくていい気がします。

というか、会社は入ってからが本番だし、働いてから出ないとわからないことたくさんあるんだから、ガッチリした面接いるのか?って疑問に思う

ある程度の素行を確認するのに対話は必要かも知れませんが、「志望動機は?」みたいなものなんてどうでもいい気がします。

働かないといけないので、てのが答えで、会社なんてどこでもいい

基本の受け答えができるか?

かと言って、舐めた態度で行くと流石に落とされるので、基本的な対話ができれば問題ないと思います。

どの質問にもすぐに答えられるようになればいいと思うので、普段の人との会話で流暢に切り返しができれば、面接の練習なんかいらないと思います。

面接はあくまで入り口に立つためのものなので、入っちゃうと関係ありません

なので、適当な返し、質問の返事さえあればいいと思います。

そんな感じでこれからディーラー面接があるという方は少し肩の力を抜いてリラックスして挑みましょう。

普通にやれば面接受かります