「夜型」人間の人が「朝型」人間の生活に合わせられるわけがない

ビジネス, 就職・転職

人間には「朝型」と「夜型」の人がいます

明確にこれは存在していて、その昔、夜に眠っている人の見張りとして夜中に起きていた人がいて、そういった人の遺伝子が一部引き継がれて「夜型」の人間が存在しているそうです

「朝から会社行くのがとても辛い」

「昼間に学校で寝てしまう」

という人は

「寝る前に活発になって部屋の掃除やその他作業をしてしまう」ということがあると思います

こういった人は絶対に「夜型タイプ」の人間なので、昼間に学校や会社で活動できるわけがない

かく言う僕も「夜型の人間」で、学生の頃から、昼間の授業中は爆睡して、夕方から夜にかけてのバイトで本領を発揮するというタイプでした

夜からの方が作業が捗るので、いつも決まって夜中に部屋の片付けやら、ブログ書くやらしてました

あまりに昼間に覚醒しないので、自分は何か病気なんじゃないか?と心配になっていたほどです

ですが色々調べていくと、どうやら僕は「夜型」の人間だったようです

夜の方が仕事捗るので夜に仕事を初めてみた

僕は現在フリーランスとして仕事をしています

フリーランスになると、自分の好きな時に仕事がでにて、それこそ昼夜問いません

ということで、ここ半年くらいは昼頃に起きて、夕方に作業を開始するという生活をしてみました

結果めちゃくちゃ生産性が上がりました。

集中力もずば抜けて、夜8時くらいから仕事始めて日付変わるまで、過集中モードで仕事するようになりました

このおかげか、僕のフリーランス生活はさらに充実

結果を残せるようになって、より仕事が自由にできるようになりました

そしてこのブログの毎日更新も余裕でこなせるように

とまぁ、自分が夜型人間と自覚し、振り切って夜中に作業することで生産性が上がることがわかりました

成功者には朝型が多い?

よく偉い社長さんとかが「私は朝の5時に起きて家の周りを散歩してから仕事を始めます。その方が仕事にも良い影響が出るんです!」

なんて言ったりしますが、その人がそういうタイプの人だけ

世の中 早起き=偉い みたいな風潮がありますが、こんなもの夜型人間にとってはマイナスでしかない

夜型人間は夕方にかけてスイッチが入ってくるので、絶対に生産性が上がるわけがない

この「夜型」と「朝型」を理解していない人は「朝活しようぜ!!」なんて無茶を言うのだ

逆の立場から言うと「朝型」の人間に「深夜1時からジョギング行こうぜ!」と言ってるようなもん

いや、流石にこれは無いな

とはいえ、「夜型」の人間に朝から活動しろなんて言うのは。相当な無茶

早起きだからって生産性が高まるわけではない

夜型の人にとって朝に活動するのは酷な話

集中できる時間帯が夕方から夜にかけてとなると、そりゃあ会社終わった後に大いに活動しています

じゃあ、夜型の人はどうやって生きていけばいいのか?

フリーランスになるのは難しいと思うし、そうそう振り切れるものではない。

まず大事なのは「自覚すること」だと思います

なんでもそうですが、行動しないひとがおおいので、そこは意を決して行動に移しましょう

いわゆる夜勤系の仕事をする

夜勤の仕事と言ってもいろいろあります。24時間開店のコンビニや飲食、風俗関係なんかでも悪くないと思います

ちょっと周りを見てみると、意外と夜に仕事ができるものです。

なので、夜型の方で、なかなか仕事に集中できない…

などと悩んでいたら思い切って転職してみるのもありです。

自分が本領発揮できる場所へ行こう

夜型の人は思い切って夜勤の仕事に移る

こうしないと仕事で成果は永遠にでません

なので、思い切って夜勤の仕事に振り切ってみましょう

アディオス

ビジネス, 就職・転職